Go to Australia Study English Working Holiday Enjoy Australia
  1. ホーム
  2. 到着後の各種手続き - 在留届の提出

到着後の各種手続き - 在留届の提出

在留届の提出

在留届とは、海外に三ヶ月以上滞在する場合において、現地の大使館(領事館)に提出する書類のことを指し、 ワーキングホリデーや留学生の皆さんが提出しなければいけない書類になります。
旅券法第十六条により、その地域を管轄する日本大使館または総領事館に速やかに在留届を提出することが義務付けられています。

(外国滞在の届出)第十六条
"旅券の名義人で外国に住所又は居所を定めて三月以上滞在するものは、外務省令で定めるところにより、 当該地域に係る領事館の領事官に届け出なければならない。" ------旅券法より引用

近年、海外で生活する日本人が急増し、このため海外で事件・事故や思わぬ災害に巻き込まれるケースも増加しています。 万が一、皆様がこのような事態に遭った場合には、日本大使館や総領事館は在留届をもとに皆様の所在地や緊急連絡先を確認して援護活動を行います。

在留届の提出方法

在留届の届出と言っても難しい事は無く、提出方法は2通りの方法があります。

申請方法1-----現地の日本大使館、または総領事館にて申請

現地の日本大使館、または総領事館に行き、日本語で書かれた申請書類に記入するだけです。
必要なものは、パスポート、日本の連絡先、あれば日本の運転免許証だけです。 現在、オーストラリアにある大使館・領事館は、キャンベラ、シドニー、パース、ブリスベン、ケアンズ、メルボルンになります。 

▼在留届の詳細は下記のサイトをご参照下さい。

申請方法2-----オンライン申請

もうひとつの申請方法はインターネットを使ったオンライン申請です。
まずは下記の ORRnet(Overseas Residential Registration の略) のページにアクセスします。
→ ORR net (インターネットによる在留届電子届出システム)

【例】ゴールドコーストに住んでいるとして在留届を申請する場合

在留届を提出

ORRnetのホームページの画面左上にある「在留届を提出する方」ボタンをクリックします。

インターネットによる在留届電子届出システム

在外公館の受け持つ地域【1】

在留届を提出する方「ご入力いただく前に、まずお読みください」をご一読の上、
「同意する」ボタンをクリックします。

インターネットによる在留届電子届出システム

在外公館の受け持つ地域【2】

在留届を提出する方「最初に・・・ お住まいの地域を管轄する在外公館を確定します」
「準備完了」ボタンをクリックします。

インターネットによる在留届電子届出システム

在外公館の受け持つ地域【3】

在留届を提出する方「都市名、または地図からあなたのお住まいの地域を選んで下さい」では
「都市名から選択」「地図から選択」ボタンのどちらかをクリックします。
(ここでは「地図から選択」ボタンをクリックしました。)

インターネットによる在留届電子届出システム

在外公館の受け持つ地域【4】

在留届を提出する方「あなたのお住まいの地域は?」では
地図の「太洋州」(オセアニア)をクリックします。


インターネットによる在留届電子届出システム

在外公館の受け持つ地域【5】

在留届を提出する方「あなたのお住まいの地域は?」では
地図の「オーストラリア」をクリックします。


インターネットによる在留届電子届出システム

在外公館の受け持つ地域【6】

在留届を提出する方「あなたのお住まいの地域は?」では
地図の「ゴールドコースト」をクリックします。


インターネットによる在留届電子届出システム

在外公館の受け持つ地域【7】

在留届を提出する方「あなたのお住まいの地域の在外公館は以下です」では
「提出先確定」ボタンをクリックします。


インターネットによる在留届電子届出システム

在留届の登録確認

在留届を提出する方「過去の在留届を確認します」では
「氏名」「生年月日」「旅券(パスポート)番号」をご入力の上「送信」ボタンをクリックします。
(過去に届け出た在留届電子届がないか確認します。)

インターネットによる在留届電子届出システム

過去に届け出た在留届があった場合は一覧画面が表示されます。
過去に届け出た在留届がない場合は登録画面へ遷移しますので、画面の指示通りに登録します。

在留届は、実際に海外で住居を定めてから提出して下さい。日本にて事前登録は不可です。
仮に渡航後の住所が内定している場合であっても、 実際にその場所に居住されてからでないと提出はできません。

このページの上部へ