Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia
  1. ホーム
  2. 到着後の各種手続き - 仕事の探し方

到着後の各種手続き - 仕事の探し方

オーストラリアでのアルバイト

ワーキングホリデーでの就労(アルバイト)は、同一雇用主のもとで6ヶ月までという規定があります。 同一雇用という事なので、アルバイト先を変えればまたそこでも6ヶ月働くことができますので、1年間ずっと就労することも可能です。 しかし、オーストラリアの一般企業で働くにはかなり高い英語力が必要とされますし、就労期間も限られることから、現実的には飲食店(ローカルレストランや日本食レストラン)での仕事が多くなっています。 世界屈指の観光国であるオーストラリアの主要都市には数多くの飲食店があり、日本からの観光客、そして日本人も数多く滞在していることから日本食レストランも多く、日本人スタッフの雇用需要が多くなっています。 その他、お土産屋、ツアーガイド、免税店スタッフ、リゾートホテルの清掃、ベットメイキング等の雇用もあり、ワーキングホリデーの仕事として人気があります。

観光地として人気が高いケアンズ、ゴールドコースト、シドニーでは比較的仕事が見つかりやすいですがタスマニア、アデレードなどでアルバイトを探すのは他都市に比べて非常に難しいです。
また、昨今では2度目のワーキングホリデー(セカンドワーキングホリデー)を目指して、郊外地域でのファームジョブ(農作物の収穫など)で働くワーキングホリデーメーカーが多くなっています。

仕事の探し方

無料掲示板

日本人ワーホリ向けの求人情報は、現地の日本語情報誌や日本語情報センターなどで簡単に手に入れることができます。

各主要都市にある日本語情報センターでは、写真(下)のように誰もが無料で回覧できる掲示板があります。

ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト
求人募集広告

写真(下)のように飲食店でのホールスタッフ・キッチンハンド、清掃スタッフ等の求人募集が日本語で貼り出されています。 他にもツアーガイド、お土産屋、稀に美容師募集などの広告を目にすることもあります。

ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト
仕事風景
ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト
日本語フリーペーパー

また、日本人向けの日本語フリーペーパーが無料で配布されており求人情報の他、地域に密着した美味しいレストランの情報、地域ニュース、オプショナルツアーの紹介など、沢山のお役立ち情報が日本語で案内されています。

ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト ワーキングホリデー アルバイト

仕事探しのコツ

仕事を探す時、友人・知人のコネ、これは実際に強力は武器になります。 わたしも免税店でアルバイトをした際、友人からの紹介で入りました。 友人のアルバイト先で誰か働きたい人はいるか?など、聞かれていることも多く、知り合いの紹介ということもあり優遇され、 かなり高い確率で仕事を手に入れることができるでしょう。

さらには、飛び込みで仕事を掴む人も多いです。このアグレッシブさが重要です! 直接ショップに行き、仕事が無いかどうかと聞き廻り、レジュメ(履歴書)だけ渡して帰る。 これを何軒も繰り返し仕事を手に入れる人もいます。 特に募集の多い職種はこんなことをしなくても容易に仕事を手にいれることはできますが、例えば美容師として働きたい人はこのように何軒も現地の美容室を廻り、 仕事を手にした人も少なくありません。とにかくこの積極的な姿勢が本当に大切になります。

面接の準備

まずは電話をして働きたいことを伝え、面接日を決めてもらいます。 レジュメと言われる履歴書を持って実際に面接を受けることになります。 外国で給料を得ながら働くことができる有り難さを思い、謙虚な姿勢で面接にのぞむことが大切です。

アルバイト探しを始める際は、日本語と英語の両方でレジュメを準備しましょう。
語学学校に通う人であれば、学校の課外授業で英文履歴書の書き方や英語でのインタビュー対策の講座などもあります。

レジュメはあまり形式にこだわる必要もありませんので、日本から履歴書を持って行く必要もありません。 A4サイズの用紙に1~2枚位書けば大丈夫です。 最近ではメールで履歴書を送る方法も増えているので、予め、パソコンのWordなどのソフトで作成して準備をしておいても良いでしょう。

面接時の服装は、働く場所にもよりますが、必ずしもスーツを着用する必要はありません。 綺麗めな白シャツやブラウスなど、清潔感のある服装で面接に行くと相手の印象も良いでしょう。

給料

2011年現在、オーストラリアの最低時給はAU$16ほどと高いのですが、29%の所得税が引かれ手取りにするとAU$11位が相場になります。 しかしながら、例えば日本食レストランなどでは実際のところ、手取りでAU$8~AU$10が相場になります。 多少、足元を見られることもあります。ローカルレストランで働ければ最低時給が守られることも多く、手取りAU$11~AU$12くらいは見込めるでしょう。 またファーム(農作物の収穫など)仕事は非常に時給が高いところもあり、手取りにしてAU$13~AU$15を稼ぐ人もおり、かなり高額な貯金をすることもできるでしょう。

ワーキングホリデー体験談

留学・ワーキングホリデー体験談

今はアデレードに居ます!先週シドニーから戻ってきました!
アデレードから3時間(バス)の ピナルーというところのオニオンファームで再度働くためです! 今年のシーズンは来週あたりからスタートするそうなので!!!


ももこさんのオーストラリアワーキングホリデー

年末にはシドニーで花火を・・・。
その際に親も日本から来ていました!
昨年はメルボルンをはじめ、 語学学校1ヶ月→メルボルンの野菜ファーム2ヶ月→ アデレードオニオンファーム1ヶ月→ 親が來豪2週間(グレートオーシャンロード、カンガルーアイランド)→ アデレードのワイン工場2ヶ月→ タイワニーズ2人とウルル1週間→ NZへ3週間→ パース約2週間→ シドニー1ヶ月半→ アデレードに戻る!!!!

というのが私の1stワーホリの流れです!!!

ももこさんのオーストラリアワーキングホリデー

おすすめは・・・
アデレード市内のシンゴ’sバックパッカーに滞在した時の話なのですが、 そこのBP(バックパッカー)のオーナーが仕事を紹介していて、 ワイン工場で働く事ができました!!! 働くつもりはなかったのですが、試しに働いてみたら居心地良く2ヶ月以上も結局お世話になりました! ここは「地球の歩き方」にも載っているBPです!
シーズンは8月頃からクリスマスまでが忙しいです。
TAXも込みで、室内仕事で、CITYっていう条件は良かったですね! FREEワインも沢山もらえましたし。 とくにそこのオーナーは日本人の働き手を欲しがっていましたので、私は毎日仕事をもらえてラッキーでした。 時給$15で1日平均8h 給料も良すぎもせず、悪すぎないです。 BPにワインで働いてる子達が共同で住んでいるので、地方のファームにいなくてもファーム感覚が味わえます! 室内なので服も汚れないし、CITYだから食材も安く入手可能、週末はみんなで飲み会・クラブ・パーティー!意外に節約できました。 日本人もいました。

あとは・・・
ニュージーランド(南島)すごく良かったです^^ 景色や雰囲気がとても気に入りました! なによりNZ内のYHAがガラガラ(!?)っていうほど空いていて、プライベート感覚を満喫。

あと・・・
アデレードのオニオンSHEDでは・・・取り合えずシーズンであれば、お金がかなり稼げます! (シーズン1月下旬~8月)しかし仕事内容は一日同じ作業の繰り返しで退屈かもしれません。 作業内容は機械でオニオンが流れてくるのに対し、私たちはラビッシュを取り除いたり、質ごとに分けたり・・・という具合です。 時給やTAXはコントラクターによってそれぞれで、どこのコントラクターの下にいくかで違っていました! セカンドワーホリの対象でしたよ!

あと・・・
メルボルンから電車で3時間のところのファームについてです! ここは私にとって初仕事そして、初ファームでした。 オーナーはマレーシアの女性! ワーカーの国籍は台湾・香港・マレーシア・日本でした! もちろんファーム先にはオージーがいます。

ここはコントラクターを通して、数箇所のファームに派遣される形態です。 時給や労働時間は自分がどこのファームに派遣されるかによってかわってきます。 私は時給$14で、時には10時間週5、6日働いていました! 人数が多いと、交代でOFFになってしまいますが! 雨でもやりましたよ!外でブロッコリー・レタス・キャベツ・なんかをCUTしてました!室内での作業もありました!

ここは交通費が1日$9と高く、必要なナイフ・セーフティージャケットなども購入しなければならなくて・・・ そこの出費が他と比べると大きいと感じました!でも一番ファームを満喫(!?)できました! そこで出来た台湾人の友達とは今でも大の仲良しです!!!
私の原点はここです! ここはガムツリーのネット上で求人を探しました!!!

ももこさんのオーストラリアワーキングホリデー

☆WHを通して感じたこと☆

英語はもっと勉強が必要。 でも来る前と比べれば自信もついたし、日常会話や旅行、予約・・・昔苦手だったことは克服できたと思います。 今でも難しい内容は理解に欠けますが・・・ ・日本を好きになれた!そして日本人で良かったと感じる!
日常では日本人の必要性をそこまで感じないが、仕事となると、しっかり内容を把握しなければ実力発揮できないので、 日本人から得る詳しい、ポイントをついたアドバイスや、指示が大切! スーパーバイザーがチャイニーズスピーカーだったりすると、 説明を中国語で最初にし、最後に私たち少数派の日本人向けに英語で簡単な説明・・・。 すごく間接的な感じで、一歩遅れた感じがすごくモヤモヤしたのを思い出します。 とにかくファームには台湾人が多かったので・・・。韓国も・・・。 日本人はどこへ行っても少数派でした!日本人オーナーなら日本人多いかも・・・。
家族とまめに連絡を取るようにしている^^安心させるためもあるし、 私がやっていることをしっかり理解して欲しいということと、「ただ遊んでるんじゃないぞ!」って証明するために!
AUSでこんなに稼げるとは思っていなかった!目標は200万を日本に持ち帰る!!!そしてカナダのHWに備える!
一日少しでも、PCから英語の映画を見るようになった・・・。
●親もとを離れ自分で生活費をやりくり、貯金・・・すごくためになると思います!日本に居たときは節約の「せ」の字も知らなかったですね! 今思うと!節約はWHの醍醐味!って私思っています!
体重・体調管理は重要!体調はこっちに来て大きな風邪も引いてないです!気候は日本より合っているかも! 本当に毎日楽しいのですが、毎日働いてた方がイキイキしてる気がします! 今は働いて居ないので・・・。休みや休暇も大事ですし、そのために働く必要がありますが・・・休みすぎはダメです!!! 私今休暇が長すぎて・・・逆にイキイキしていない気が?します!でも来週から働き三昧です^^

留学・ワーキングホリデー体験談

名前はHaru 25歳 男性(独身)
2009年3月、海外留学に行くことを決意し日本で勤めていた会社を退社。
2010年6月の出発に合わせてアルバイトをし100万円のワーホリ資金を用意しました。

当初の予定は、「英語が喋れたらいいなぁ」だけでした(かっこいいから)。
インターネットで検索しオーストラリアが一番簡単に留学にいけそうだったので、安易な理由で留学先を決定しました。

お金も言葉も不十分だったので、オーストラリアのもっとも日本に近い場所、地価(物価?)の安いケアンズの語学学校(サンパシフィック・カレッジ)に3ヶ月通う事にしました。 その間の住む場所は1ヶ月は学校の寮・後の2ヶ月はシェアハウスに住んでいました。

はるさんのオーストラリアワーキングホリデー

ケアンズは常夏で寒いのが苦手な私にはぴったりの場所だったと思います。 まずは、オーストラリアという外国の地に慣れる事!これ凄く重要だと思います! 初めて来た土地で、言葉も通じず右も左もわからなくなり、ホームシックになる。。。そんなことは避けたかったので私はあえて日本人の多い場所を選びました! 最初から無理することなく序々になれて行こうと考え、3ヵ月後にはアジア人のほとんどいないファームに引っ越しました! ファームではたくさんの国の人たちと一緒に4ヶ月住み約6,000ドルを貯金

はるさんのオーストラリアワーキングホリデー

それから、中古の車を購入(2.700ドル)して東海岸を旅行(ケアンズ(北豪)→アデレード(南豪))。 約7,000Kmの道のりを2ヶ月かけ、ケアンズで出会った友人と交代で運転して制覇しました!旅行中にもたくさんの出会いがあり、本当に良い思い出になりました。

その後、またファームに行き日本に帰る為の貯金をしています! オーストラリアにきて英語の勉強になったのはもちろん、考え方にも大きな影響がありました!
まずは、行動!考えてるだけじゃ何も変わりません!Just do it

はるさんのオーストラリアワーキングホリデー
  • 留学・ワーキングホリデー体験談一覧
このページの上部へ