Go to Australia Study English Working Holiday Enjoy Australia
  1. ホーム
  2. 出発前の準備 - 英語の勉強

出発前の準備 - 英語の勉強

英語の勉強

ワーキングホリデーや留学に行く目標を掲げた、あるいは決意をしたのならば、まずは英語の勉強を始めましょう。 「海外に長く住めば英語が喋れるようになれる!」と思っている人もいると思いますが、それは大きな誤解です。 英語環境にどっぷりと浸かり、一切日本語を喋ることがない環境にずっと身を置けるなら別ですが、現実はもっと厳しいのです。 そのため一歩でも二歩でも先のスタートラインに立てるように今から勉強して下さい。

何から始めればよいか

「英語の勉強を始めようと思うが、何から始めれば良いか?」という質問を多く頂きます。
現在の英語レベルにもよりますが、将来的に会話力を向上するうえで最も必要になるのは、なんだかんだ言っても単語力が重要です。 「英語が話せるようになりたい!」と英会話をフォーカスしがちですが、それに至るまでの基礎が大事でやはり単語力は重要です。

日本語でもそうですよね??
言葉(単語)を知らなければ会話になりませんよね??
英語もそれとまったく同じです。

中学校で習う英語を復習することから始めましょう!
まずは基礎中の基礎である中学校で習う英単語や熟語、英文法を復習しましょう。
中学校3年間で習う単語や英文法をしっかりマスターできたならば、それだけでも十分な英会話能力の基礎ができあがります。 What Why Where Howなどの使い方や主語+have+過去分詞の現在完了形は英会話の基本になります。 中学校英語の単語、熟語、文法を復習していきましょう。1日3単語でも良いので目標を掲げ、必ず継続できるペースの目標を立てて下さい。

英単語や熟語を沢山覚えたとしても、出発前に英会話ができない自分に不安感を覚える事でしょう。 でも今は現地に行ってからの基礎を作っている段階ですので、将来の糧になる事を信じて勉強を続けて下さい。 現地に行き、語学学校などで勉強をはじめだすと、その英単語や熟語の組み合わせ方法といいますか、会話のリズムというのが徐々に分かってきます。 日本では普段英語を使う必要性がないのでなかなか難しいのですが、現地に行き英語を普段から使い出すことにより、それは確実に向上していきます。

ヒアリングの重要性

英会話(スピーキング)の勉強は練習相手が必要になる事も多く、日本ではなかなか難しいと思いますが、ヒアリング、すなわち英語を聴ける耳を強化する事はできます。 例えばTOEICのヒアリングテスト本を購入すれば必ず付属CDが付いています。 それを何度も何度も聴き続ける事も大変良い勉強方法です。 TOEIC教材であれば英訳・和訳も付いていますが、何を言っているのか分からなくてもよいので、とにかく聴き続け、耳を英語に慣らすこと、 脳に英語の発音やリズムを覚えさす事が重要です。赤ちゃんは普通「ママ・パパ」から言葉を発します。 それは習ったわけでも無く、親が普段からママ・パパと言い続け、子供がそれを耳で聴き発する言葉です。 英語を話すのも単純にこういった事なんです。

到着後、語学学校に通い出す方がほとんどですが、最初の苦労・ストレスは「学校の先生やホストファミリーの言っている事が分からない・聴き取れない」となるでしょう。 なので出発前にヒアリングを強化し、耳を英語に慣らしておく事は本当に重要です。 全く勉強しないで語学学校に通い出すのと、上達のスピードに大きな差が出ることでしょう。

現代はIT時代です。インターネットやiPod、iPhoneなどでもヒアリングの勉強ができる素材は無料でたくさん入手できます。 iPod,iPhoneなどをお持ちの方であればPodcastというもので沢山の勉強教材がダウンロードでき、通勤・通学の際にそれを聴く事もできます。
Podcastについては、→ アップル社サイト http://www.apple.com/jp/itunes/podcasts/

とにかく英語の勉強をするに最も重要なのは持続できる目標を掲げ、持続させる事です。 自分の英語の勉強に不安を持ち、これで大丈夫かな?と思われます。 しかしその小さい積み重ねがないと後々に英語力は上達しません。 続けられるペースでコツコツやるという事が非常に大切です。

出発前の英語力

「英語が全く喋れず中学校レベルの英語力ですがワーホリや留学は可能ですか?」とよく質問を受けます。 その答えはもちろんYESですが、上記の通り出発前に必ず勉強をして下さい。

例えば、私の場合どうだったのかをお話しいたしますと、
渡豪した際は本当に中学校レベルの力しかありませんでした。勿論、英会話なんてろくにできませんでした。 現在、十年以上もオーストラリアに住み永住している人達でさえも、入国当初の英語力は低かった人が断然多いと思います。 今となっては笑い話しですが、私は入国当初、マクドナルドもろくに注文することができませんでした。 店内で食べると伝えたつもりが、袋に入れられて持って帰る用にされ、それを店内でビリビリと破り、 言葉が通じなかった事への苛立ちを感じながらポテトとハンバーガーを食べた事は今でも鮮明に覚えています。

私はオーストラリアに到着してから直ぐに語学学校に3ヶ月通いました。 本当にそれが一からのスタートで、入学当初は初級クラスに配属されました。 英語学校は初級クラス→初中級クラス→中級クラス→上中級クラス→上級コースというクラス編成になりますが、私は一番下のクラスに配属され勉強を始めることになりました。 レベルアップテストに合格し最初の1ヶ月で初級クラスはクリアーし、後の2ヶ月で初中級クラスを卒業しました。 なので3ヶ月で中級クラスの入り口までたどり着きました。 中級クラスはTOEICでいう500点レベルです。 本当はもっと学校に通いたかったのですが当初、ワーホリで通える語学学校の期間は3ヶ月まででしたので卒業せざるを得ませんでした。 この中級レベルから、かなり高いレベルに上達することができるので本当は受講したかったのですが。

基本的に、初級者から始めたとして3ヶ月学校に通った場合、一般的に暮らすには困らない程度のヒアリング(聞き取り)そして会話力が身に付く事でしょう。 勿論、まだまだ上達できる、上達しなければいけないレベルですが、ワーホリや留学生活をして行くには、まず第一歩目の基礎英語力を身に付ける事ができるでしょう。 このレベルであれば現地でアルバイトを探したり、ボランティアに参加したりも、問題ないレベルになるでしょう。

現地での仕事

「英語はあまりできませんが、すぐアルバイトとして雇ってもらえるのでしょうか?」と質問をよく受けます。 答えはYESともNOとも言えるのですが、基本的には難しいでしょう。少なからず英語圏の国で給料をもらいながら仕事をするわけです。 ネイティブレベルでなくとも、ある程度の英語力があって始めてアルバイトができると考えた方が賢明です。

こう考えてみて下さい。
もし、自分が雇う側の立場だとして、言葉がしゃべれない、通じにくい人を雇いますか?もし募集して2人同時に来たら、言葉を喋れる方を優先しませんか? 少なくても私は喋れる方を優先的に雇います。きっと多くの方はそうするはずです。

あまり英語力が問われない日本食レストランのキッチンハンドでアルバイトをするのであれば別ですが、 ある程度の英語力を身に付けてからでないと良いアルバイト先を見つけるのは難しいでしょうし、 見つかったとしても力不足により、後で自分が苦労や嫌な思いをするだけにもなりかねません。

当社ができること

当社へ無料出発サポートのお申し込みされますと、まず先に英語の勉強教材をお送りしています。
上記ご説明の通り、英単語やヒアリング力を高めていただくことを目的とした教材です。 英単語集はオーストラリアのある語学学校が実際に授業で使っている教材からよく出てくる単語集をまとめたものです。 英語の勉強時間を十分に確保していただく為、少なくても半年以上、できれば1年位前のお申し込みが望ましいかと思います。 無料出発サポートへの申し込みは、渡豪時期、到着都市などが明確に決まっていなくても申し込みは可能です。
現地到着後の方々より一番多く聞く言葉が「もっと英語を勉強して来れば良かった!」です。
そう後悔しないように、出発前はしっかりと勉強して下さい。

サポート料金無料¥0

無料出発サポートのお申し込み

このページの上部へ