Brown Brown Brown Embassy CES Embassy CES Embassy CES Embassy CES Embassy CES Navitas English Navitas English Navitas Englishh Navitas English Navitas English Navitas English Navitas English Sun Pacific College Sun Pacific College Sun Pacific College Sun Pacific College Sun Pacific College Sun Pacific College Sun Pacific College Sun Pacific College Kaplan Aspect Kaplan Aspect Kaplan Aspect Kaplan Aspect Kaplan Aspect Kaplan Aspect Kaplan Aspect Kaplan Aspect Kaplan Aspect
  1. ホーム
  2. 出発前の準備 - 語学学校の選び方

出発前の準備 - 語学学校の選び方

語学学校の選び方

オーストラリアには私立の語学学校だけでも300校を超える政府認定校があります。
他にも約40校の大学、約200校の専門学校が存在しています。

この数多くの学校から自力で自分に合った学校を選び出すのは至難の業と言えます。 各自が希望する環境や目的はそれぞれ違うと思います。当社はしっかりとヒアリングした上で、ご希望や目的に合ったお勧め校をご紹介しております。

学校を選ぶポイント

ここでは学校を選ぶポイントをいくつか記しておきます。

授業内容

真剣に英語の勉強をしたいと考えている方は、一般英語コースだけではなく、英語検定対策コースのIELTSやCambridge経験コース、大学や専門学校に進むための進学準備コースなど、受講できるコースが充実している学校がお勧めです。 特に長期留学をご検討している方にはお勧めです。

オーストラリア語学学校授業 オーストラリア語学学校授業 オーストラリア語学学校授業
学校規模

快適な設備など環境を重視するならば、設備環境が整っている大規模な学校を選択すると良いでしょう。 先生やクラスメイトとのコミュニケーションなどを重視するならば小規模でアットホームな雰囲気の学校を選択すると良いでしょう。

オーストラリア語学学校設備 オーストラリア語学学校設備 オーストラリア語学学校設備
ロケーション

オーストラリアには大きく分けて2つのロケーションがあります。 シドニーやメルボルンなど大都会の中に立地するシティタイプの学校とゴールドコーストやサンシャインコーストのようにビーチがすぐ目の前にあるような穏やかな生活環境が近くにある自然環境タイプの学校です。

オーストラリア語学学校ロケーション オーストラリア語学学校ロケーション オーストラリア語学学校ロケーション オーストラリア語学学校ロケーション オーストラリア語学学校ロケーション オーストラリア語学学校ロケーション
授業料重視

留学の目的によっては十分な費用が必要になります。とにかく安い授業料が良いという方は概ね授業料によって学校を選択されます。

オーストラリア語学学校授業料重視 オーストラリア語学学校授業料重視備 オーストラリア語学学校授業料重視備
生徒の出身国籍の割合

都市や学校によりこの比率は大きく変わってきます。 同志の日本人生徒がある程度いた方が良い、または少ない方が良い、アジア人が少ないほうが良い、ヨーロッパ系の白人学生が多く在籍している学校が良いなど、生徒の出身国籍の割合によっても学校の選択は違ってきます。

オーストラリア語学学校生徒の出身国籍の割合 オーストラリア語学学校生徒の出身国籍の割合 オーストラリア語学学校生徒の出身国籍の割合
アクティビティー(課外授業)の内容と充実度

オーストラリアの各学校では英語授業の他にも楽しみならが英語力を向上させるためにスポーツやBBQなど多数のアクティビティーが開催されています。 短期留学者には英語+αコースでサーフィン、ダイビング、ボランティアなどのコースも多数あります。

オーストラリア語学学校アクティビティー オーストラリア語学学校アクティビティー オーストラリア語学学校アクティビティー

受講期間

留学ビザにて勉強重視での渡豪予定の方は、自分が希望するだけの期間、学校に通うことが可能です。 基本的には、学校に通う分だけオーストラリアに滞在することができます。

ワーキングホリデービザで渡豪予定の方は、就学できる期間は4ヶ月間(17週間)までとなっています。 英語力が初心者レベルの方が3ヶ月、4ヶ月、学校に通ったからといってペラペラに話せることは不可能に近いですが、まずはその後のワーホリ生活を楽しめるだけの基礎になる英語力を身に付けることができるでしょう。
脳科学的にも証明されていることですが、多少の個人差はあるにしても、200時間~250時間、英語に触れないと成果は現われないそうです。 ゆえに、英語力習得の成果を期待するならば、一般英語コースは週25時間が基本ですから、最低でも8週間~10週間の期間は学校に通った方が良いということになります。

1週間~4週間(ワーキングホリデー向け)

最初の4週間の終了時くらいには耳が英語に慣れてきて、相手の言っていることがある程度聴き取れてくる時期となるでしょう。 聴き取れてくると気持ちにも余裕が出てきて、自分の言いたい事も身振り手振りを交えながら伝えられるようになってくるでしょう。
しかし、「喋れる!」という時期にはまだ少し遠いようです。

4週間~8週間(ワーキングホリデー向け)

最初の4週間で基礎が身に付き、ある程度英語が聴ける状態になり、コミュニケーションも少し取れるようになって来るこの時期は英語を学ぶ楽しさを実感することでしょう 。 初期段階ではありますが、「英語を喋れるようになってきたな!」と実感することでしょう。 英語での言い回しも増えてきて、上手く接続詞も使えるようになり、ちょっと格好付けた英語も喋れる時期です。
もちろん、意識的に学校以外での英語習得の習慣化も必要です。 ラジオを聴く、テレビや映画を観る、街中で分からない英単語があれば調べてみるなどといった比較的簡単にできる事が良い勉強材料になります。 

8週間~12週間(ワーキングホリデー向け)

初期段階の仕上げ時期です。前述の通り、200時間~250時間の勉強時間が得られる頃です。 資金に問題がなければ12週間の受講は是非検討してください。  今まで培ってきた英語力がベースとなり、より具体的な会話レッスンに入って行けるしょう。 一般的に生活する英語力やコミュニケーション力は12週間終了時頃に習得できると思っても良いでしょう。 もちろん、そこに至るまでの本人の努力は必要不可欠です。普段から英語を聴き・喋ることを意識することが重要です。

12週間~17週間(ワーキングホリデー向け)

より高い英語力を身に付けたい人は最大の17週間の受講が望ましいです。5ヶ月目、6ヶ月目位までの間は本当に1ヶ月ごとに英語力が身に付いてきます。 長期留学を検討している方は4ヶ月目以降の受講内容は一般英語コースでは無く、英語試験対策コースなどが良いでしょう。 4ヶ月間の受講を終える頃には、一般的には中級クラス以上のレベルへ達していることでしょう。 このレベルに達することができれば、英語試験対策コースや進学英語コースを受講できるレベルとして学校が設定しています。 より難しいコースを受講することにより確実に英語力が身に付いてくるでしょう。

18週間以上(長期留学者向け

学生ビザで長期留学を検討している方は、ここからの5ヶ月目以降は前述の通り、一般英語コースではなく英語試験対策コースや進学英語コースなど、より難しい受講内容にて勉強してください。 その後、英語力が十分身に付いた上でオーストラリアの現地企業で働くことができるインターンシップなども考えて良いでしょう。

ワーキングホリデーを検討している方へ

ワーキングホリデーを検討している方は、必ずしも全ての方が十分な資金を持ち合わせているわけではありません。資金によっては受講期間も限られてきますが、学校は週単位での受講が可能です。12週間の受講は無理だとしても、 せめて9週間や10週間など250時間近くの受講をされ、最低限の基礎力だけは身に付け、その後のワーキングホリデーの生活に備えてほしいと思います。
なぜならば、英語力の有無により、仕事の内容、出会える人の数や質、環境が大きく異なってきます。それはその後のワーキングホリデーの生活を良くも悪くも大きく左右します。 同じ、資金を使ってワーキングホリデーされるならば、それぞれの人生に残る貴重で有意義なワーキングホリデーを是非体験してほしいと願います。

このページの上部へ