Go to Australia Study English Working Holiday Enjoy Australia
  1. ホーム
  2. 出発前の準備 - パソコンの持って行き方

出発前の準備 - パソコンの持って行き方

パソコンの持ち込みについて

昨今、インターネットの普及により特にノートパソコンを持っている方が多くいらっしゃることでしょう。 そしてパソコンを海外に持って行くか否か?悩んでいる方も多いと思います。 海外生活をする上でも、今やパソコンは欠かせないものになっています。

ネットサーフィンやEメールをするだけではなく、情報の交換、学校の宿題、写真の整理や保存、スカイプなど日本のご家族やお友達との通信手段など、さまざまな点においてもパソコンは必要とされています。 荷物にもなるので悩んでいる方もいらっしゃると思いますが、やはり持っていかれることをお勧めします。

ただし、オーストラリアにある日本語情報センターなどでは有料で1時間AU$3~AU$5程度で利用できるところもあり、日本語対応のPCも設置されており日本語で文字を入力することもできます。
街中のいたる所にインターネットカフェもありますから、「必要最低限の利用で十分だ!!」と思われる方は、持っていかなくても良いでしょう。 また、語学学校に通う方であれば、ほとんどの学校内では無料で利用することができます。

オーストラリア現地でのインターネット接続について

オーストラリアのインターネット環境は日本の光回線ほどではありませんが、ここ数年で急激に普及しつつあります。 フリースポットと言われるマクドナルド、カフェや図書館など無線LANシステム(wifi)環境があり、ご自身のパソコンが無線LAN対応であれば利用できるような状況にあります。

また、オーストラリア滞在中のほとんどをシェアーハウスにて過ごすことになると思いますが、
昨今、多くのシェアーハウスでは無線LAN環境になりつつあり、その場合、ご自身でプロバイダーと契約しなくてもシェアーハウスにてパソコンを利用することができるようになってきました。

語学学校内においても99%無線LAN環境にありますので、とりあえず無線LAN対応のパソコンさえ持っていけば利用しやすい環境にあると言えます。

ニッテルPCデータ通信USBモデム また一例として、オーストラリア現地にある日系の携帯電話ショップでインターネットモデムの契約をすることも可能です。 パソコンのUSBメモリーにさすだけでネット通信が可能になります。 携帯回線により通信速度は速いとはいえませんが、ネットサーフィン、Eメール、SNSの利用程度でしたら全く問題ありません。 月額契約になり月々AU$30、AU$50などのプランがあります。

▼詳細は下記のサイトをご参照下さい。



パソコンを持って行く場合の注意点

アダプター 日本と海外では電圧が違う為、通常、海外で電化製品を利用する場合は変圧器が必要になりますが、 最近ではパソコン、デジタルカメラ、iPodなどは変圧器がなくても対応できる製品もあります。
オーストラリアの電圧は240Vになっています。
240Vに対応できるかどうかの確認は、その製品のアダプターに記載してある電圧表記が
INPUT(または入力)100V―240V(右図参照)となっていれば大丈夫です。
(詳しくは各製品の仕様書等でご確認下さい。)

日本のコンセントは水平の二股になっていますが、オーストラリアでは三つ又(ハの字)のコンセントになっており、 パソコンを利用する際にはオーストラリアのコンセントに合う挿し込みプラグが必要になります。この点だけご注意下さい。
オーストラリアで使える挿し込みプラグは下記のプラグです。 プラグ
家電量販店などで1つ200円程度で販売されています。
パソコン用、デジカメ用等、3個程度用意されることをお勧めします。

そして、アダプターからコンセントに挿し込むコードがありますが、このコードは240V対応のものを用意されると良いでしょう。 こちらも家電量販店などで1,000円以下で購入可能です。

コード
このページの上部へ