The bank in Australia The bank in Australia The bank in Australia The bank in Australia The bank in Australia The bank in Australia
  1. ホーム
  2. 到着後の各種手続き - 銀行口座開設

到着後の各種手続き - 銀行口座開設

*各銀行における帰国後の解約手続き等の相談は受け付けておりませんので、予め御了承ください

銀行口座の開設とその利用方法

換金や送金方法も多様化しておりますが、後にアルバイトした給料を振り込んでもらったり、オーストラリアドルを管理するうえで現地で銀行口座を持つのは必要不可欠となります。 ここでは、オーストラリアの銀行口座の開設方法と便利なシステムについてご案内いたします。

オーストラリアの代表的な都市銀行

オーストラリアの代表的な都市銀行は下記の4つの銀行となります。

オーストラリアANZ Bank オーストラリアCommonwealth Bank オーストラリアWestpac Bank オーストラリアNational Australia Bank

営業時間は各銀行や支店によっても異なりますが、基本的な営業時間は下記の通りです。

  • 月曜日から木曜日 - 9:00(9:30)~16:00
  • 金曜日 - 9:00(9:30)~17:00
  • 土曜日 - 9:00~12:00(一部の銀行のみ営業)
  • ATMは365日24時間稼動

オーストラリアでのワーキングホリデーの方や留学生が銀行口座を開設する中で一番多い銀行は
ANZ Bankです。 ケアンズ・ゴールドコースト(サーファーズ・パラダイス)・シドニーの各支店には日本人スタッフも常勤しており、口座開設のサポートをしています。 また他の都市のANZ銀行においても電話にて日本語のインフォメーションを受けることも可能です。

オーストラリアANZ銀行 オーストラリアANZ銀行 オーストラリアANZ銀行

オーストラリアの銀行口座開設に必要なもの

オーストラリアANZ銀行 パスポートと銀行口座を開くための最低預金額(50ドル程度で十分)だけです。
銀行口座開設は入国してから6週間以内に行なって下さい。 入国から6週間を過ぎますと銀行開設時に必要な身分証明がパスポート以外にも必要になります。

また、キャッシュカードは口座開設後1~2週間位で指定の郵送先に送付されます。指定の郵送先は 滞在先(ホームステイ、学生寮など)あるいは通学している学校の住所など確実に受け取れる住所を記載すると良いでしょう。

オーストラリアの銀行口座の種類

オーストラリアの銀行口座は下記のの4種類が一般的です。 通常、ワーキングホリデーの方や留学生は普通口座を開設します。

普通口座(Saving Account)

普通預金口座の中にはさらに、月々の銀行口座維持費が不要、月5、6回までATMでの引き落としが無料になる“セレクト口座”(ANZ銀行の場合)と、月々の銀行口座の維持費は5ドルかかるものの窓口の利用やATMの無料利用回数が増える“アドバンテージ口座”(ANZ銀行の場合)などがあります。 ワーキングホリデーの方はほとんど(9割)が“セレクト口座”の利用者です。普通口座はATMで24時間出し入れ自由でEFTOPS(キャッシュレス)機能*1(下記参照)が利用できます。

定期預金口座(Term Deposit)

オーストラリアの定期預金金利は5%位で非常に高く銀行ごとにさまざまなプランがあります。日本と比べると10倍以上の金利になるため、2~3年の長期滞在をする方の中には定期預金をする方もいます。 ANZ銀行でいうと“Term Deposit”、“V2プラス”は最低預金額5000ドル以上が必要ですが、“V2プラス”は月に5回までの引き落としが可能なので、普通預金口座を兼ねて利用することも可能です。非居住者の場合、利息の中から通常10%が税金で差し引かれますが、タックスファイルナンバーリターンの届出をすると居住者扱いになり、そのままの利息がもらえます。

当座預金口座(Cheque Account)

自分の小切手帳が使える口座ですが、口座維持費が他の口座より多くかかる上、利子が付きません。 この口座はあくまでもオーストラリア在住者向けでワーキングホリデーの方や留学生が使用する機会はありません。

キャッシュマネージメント口座(Cash Management Account)

これは、普通預金と定期預金の中間に位置する口座で、普通預金のように引き出しも可能で、普通預金よりも高い金利が設定されています。 この口座を利用するためには、最低が AU$5,000以上の預金が必要です。こちらもオーストラリア在住者向けで、まず、ワーキングホリデーの方や留学生が使用する機会はありません。

インターネットネットバンキング

銀行口座は主に上記の4つのタイプになりますが、昨今のインターネットの普及によりインターネットネットバンキングも新しい口座の種類になっています。 普通口座と合わせてインターネットバンキングの開設も便利と言えるでしょう。インターネットネットバンキングの一番のメリットは直接銀行に出向かなくても24時間好きな時間にパソコンの画面で残高などを確認しながら振込みなど様々な支払いが可能になることです。 昼間、学校などで銀行に行く時間が割けない方などにはとても便利です。 また、直接銀行窓口を利用するより手数料が低く設定されています。 私も普通口座(Saving Account)とネットバンキングの2つの口座を保有しています。

オーストラリアの銀行口座開設までの流れ

回答は難しい英語である必要はありません。YES/NOや簡単な単語だけでも十分です。



Can I open the saving account, please?

普通口座を開設したいのですが。



Please show me your ID (passport), please?
Which kind of visa do you have?

ID(パスポート)を見せて下さい。
どの種類のビザをお持ちですか?



I have a Working holiday visa.

ワーキングホリデービザです。



Could you tell me your home address and contact number, please?

あなたの住所と連絡先電話番号を教えて下さい。



This is my detail.

これが私の詳細です。
(※予め登録住所と電話番号を控えた英語でのメモをご用意されると良いでしょう。)



Which account type do you want?

どの口座タイプをご希望ですか?



This type, please

この口座タイプをお願いします。
(※通常、分かり易い表を見せて説明してくれるはずです。)



How much money do you want to deposit?

いくら預けますか?



I want to deposit AU$50

50ドル(AU$50以上から各自ご希望の金額)を預けます。

オーストラリアANZ銀行以上の流れとなります。 この時点で口座番号が確定します。この先は銀行スタッフより、カードの到着日等の案内があります。 上述の通り、ANZ銀行のケアンズ・ゴールドコースト(サーファーズ・パラダイス)・シドニーの日本人スタッフ常勤の支店では日本人スタッフによる口座開設のサポートが受けられます。

オーストラリアのATMとEFTPOS

オーストラリアのATM

オーストラリアANZ銀行 ATM オーストラリアのATMは24時間365日使用できますが、通常、ATMで一日に出金できる限度額(AU$1,000)が決まっています。 それ以上の金額の場合は、銀行の窓口で直接引き出すことになります。

*1  EFTPOS

オーストラリアEFTPOSEFTPOSは非常に便利なシステムです。日本でいうデビットカードと同じようなシステムです。EFTPOSは現金を持ち合わせていなくても銀行のキャッシュカードで、 EFTPOS提携(EFTPOSロゴマークのある)のスーパーマーケットやコンビニ、マクドナルド、ガソリンスタンド、デパート、タクシーなどで支払いが可能です。またお店によってはATMと同じようにEFTPOSの端末から銀行口座の現金の引出しも可能です。 例えば、急に現金が必要で近くにATMが見つからない時は、このようなお店を利用して銀行口座から現金を引き出すこともひとつの方法です。

オーストラリアのATMで現金を引き出すには?

ここでは、ANZ銀行のATMで説明します。(ATMの機械により多少の違いはあります。)

【1】Please insert your card.

キャッシュカードを挿入します。(入れる向きを間違えないように注意)

オーストラリアANZ銀行 オーストラリアANZ銀行
【2】Please enter your PIN then press ENTER.

暗証番号(PIN)を入力し、ENTERを押します。
(PINとはPersonal Identification Number の略)

オーストラリアANZ銀行 オーストラリアANZ銀行
【3】Please select a transaction.

お取引の選択をします。
Withdrawl (引き出し)
Balance (残高照会)
Transfer(お振込み)
Deposit(お預け入れ)  が表示されます。
ここではWithdrawl (引き出し)を選択します。

【4】Please select the account.

オーストラリアANZ銀行 口座種類の選択を選択します。
Cheque(当座預金口座)
Savings(普通口座)
Credit card(クレジットカード)
Other account(その他)  が表示されます。
ここではSavings(普通口座)を選択します。

【5】Please select withdrawl amount,then press ENTER.

オーストラリアANZ銀行 引き出す金額を選択します。
引き出す金額が  $20 , $60 , $100 , $200 に該当するならば、希望のボタンを押します。 該当する金額が無い場合はother amount(その他)を選び金額を入力し、ENTERを押します。
(ANZ銀行の場合、ATMで引き出せる最高金額は1日につき1000ドルまです。)

【6】Would you like a receipt for this transaction.

レシートが必要かどうか?表示されますので、必要な場合は  YES、必要なければ  NO  ボタンを押します。 ここではYESにしました。

【7】Please take cash and transaction record.

現金が出てきます。次にレシートが出てきます。

オーストラリアANZ銀行 オーストラリアANZ銀行
【8】Would you like another transaction?

その他の取引をしますか?と表示されます。他にある場合は  YES、なければ  NO  ボタンを押します。 ここではNOにします。

【9】Please take your card.

カードが出てきますので忘れないように受け取ります。これで終了です。

注意事項
  • 操作を間違えた場合は、訂正ならcorrectionキャンセルならcancelを押してください。
  • ATMではセキュリティ上、暗証番号の入力を3回間違えたり、カードを入れたまま一定時間以上操作しないとATMの機械にカードを飲み込まれてしまいますので、気をつけてください。

銀行口座を解約する

日本へ帰国の際は銀行口座は解約しましょう。

日本へ帰国の際、直ぐに再びオーストラリアへ渡航する予定がなければ、一旦、利用しない預金口座は必ず解約して帰国しましょう。 ANZ銀行などの日本支店ではオーストラリアの口座からの引き出し・振替、口座解約などはできません。 また、日本から解約を依頼する場合、オーストラリアの口座を開設した銀行へ手紙で解約の依頼をし、必要な書類を送付してもらわなけらばなりません。 そのような手続きの負担を考えるとやはり帰国前に解約した方が無難です。

このページの上部へ