Share House Share House Share House Share House Share House
  1. ホーム
  2. オーストラリア滞在方法 - シェアハウス

オーストラリア滞在方法 - シェアハウス

シェアハウスについて

一般的に入国当初は数ヶ月間の語学学校に通う中、最初の4週間~6週間はホームステイや学生寮に宿泊し、ある程度オーストラリアでの生活に慣れてきたら、 シェアハウスにてオーストラリアに来ている他国の人やオーストラリア人との共同生活をするのが良いでしょう。 大抵のワーホリメーカーはシェアハウスへと移ります。

シェアハウスとは一軒家やユニット(日本で言うマンション・アパート)を共同で借りて数人で住むスタイルです。 例えば2LDKのユニットに4人で住み、2人1室、リビング、キッチン、バス、トイレ等、共有スペースをシェアします。 日本人には馴染みがないシェアハウスですが、外国から日本へやって来た方々も実は日本で数人で住むシェアスタイルで生活をしている人が多くいます。 シェアハウスはオーストラリアでは一般的な生活スタイルです。 一人暮らしという考え方はあまりしません。 また、最近では家賃が高騰しており、家賃を極力おさえる為にワーホリや留学生の人達によって一つの部屋を数名で利用するルームシェアリビングシェアが 多くなっています。

シェアルーム

基本的にシェアルームとは、1人部屋(Own Room)のことを言います。 シェアハウスは大抵1~3部屋となりますが、2~3部屋のユニットか郊外にある5部屋くらいある大きな一軒屋などを賃貸して、そのうちの一部屋を貸りるタイプとなります。共有スペースのキッチン、リビング、トイレ、バス等は共同で使用します。

家賃相場は週AU$130~AU$160が目安です(都市や地域により異なる)

ルームシェア

ルームシェアとは、1つの部屋を数人でシェアするタイプのことを言います。 仲の良い友人やカップルでの滞在にむいています。 1部屋を数人で使用する分、家賃も一人部屋に比べ安価で借りることができます。 街の中心部や中心に近いシェアハウスは家賃も高いので、ルームシェアをして家賃を安価にしている方々が多いです。

家賃相場は週AU$100~AU$130が目安です(都市や地域により異なる)

リビングシェア

リビングが広く、シングルベットが置ける程度のスペースがあるユニットでは、リビングで寝るような感じであっても良ければ貸し出します!と言うのがリビングシェアです。 本当に簡素なものなので、プライベートスペースも無いに等しく、本当に寝るだけの為の家となります。

家賃相場は週AU$80~AU$100が目安です(都市や地域により異なる)

シェアルームの探し方

無料情報雑誌 シェアハウスを現地で探す場合、その情報収集は下記の掲示板等で情報を仕入れる事が容易にできます。

  • 日本語情報センターの無料掲示板(各主要都市にあります)
  • 現地の日本語(英語)無料情報雑誌  http://www.bagguse.com/
  • 情報検索サイト  http://cls.jams.tv/
  • 語学学校の掲示板

無料掲示板 無料掲示板

無料掲示板には、家賃、住所、コンタクト先、男性・女性の希望やそれぞれの使用条件等が記載されています。(↓写真参照)

シェアハウス無料掲示板 シェアハウス無料掲示板 シェアハウス無料掲示板 シェアハウス無料掲示板 シェアハウス無料掲示板 シェアハウス無料掲示板 シェアハウス無料掲示板 シェアハウス無料掲示板 シェアハウス無料掲示板

良さそうなシェアハウスが見つかったら、まずは掲載されている電話番号に連絡をして、内見の日時を予約し、実際に足を運び、家や自分が利用するであろう部屋を確認して下さい。 シェアルームは基本的に早いもの勝ちです、借りたいと思った場合は迷わず即決が良いでしょう。 BOND(ボンド)と言われる敷金があり通常は家賃の2週間分となります。 BOND はシェアを出るときに返金されますが、滞在中に部屋や家具に損害を加えてしまった場合はその修理代として BOND の中から引かれ差額が返金されます。 カギを紛失した場合も同様に BOND の中から引かれるでしょう。 他、消耗品であるトイレットペーパー、石鹸、洗剤、ガス、電気等の光熱費は家賃に含まれているか、または別料金なのかも必ず事前確認をして下さい。

シェアハウス シェアハウス シェアハウス シェアハウス シェアハウス シェアハウス

シェアハウスでの食事(自炊)

基本的にキッチン用具は全て揃っていると思って下さい。食材さえあれば自炊が可能です。冷蔵庫も皆でシェアなので、自分のスペースを確保して食材を保存します。

シェアハウス シェアハウス シェアハウス

シェアハウスでの寝具

通常はシングルベットになり、枕、シーツ、掛け布団(毛布)などは揃っていますのでご自身で用意する必要はありません。身ひとつでシェアハウスに引っ越す事が可能です。

シェアハウス シェアハウス シェアハウス
このページの上部へ