Home Stay Home Stay Home Stay Home Stay Home Stay Home Stay Home Stay
  1. ホーム
  2. オーストラリア滞在方法 - ホームステイ

オーストラリア滞在方法 - ホームステイ

ホームステイについて

ホームステイの心得

ホームステイは現地での生活を垣間見ることができ、英語環境で暮らす機会を持てる最適な滞在方法です。 オーストラリアの生活習慣を知る事も大切な勉強と言えるでしょう。

ホームステイは決してホテル滞在ではありません。ホストファミリーもお客さんとしてではなく家族の一員として接してきますので、 ホームステイをより楽しく、充実させる為には自分自身の心構えが一番重要です。 異文化の人と協調性を持って、相手側の習慣を理解するよう努めてください。
私たち日本人の常識は海外では非常識になることもしばしはあります。 またその逆もあり、海外の常識は私たち日本人には理解し難いことも多々あることでしょう。 そこにストレスを感じる事もたくさんあると思います。しかしながらホームステイは異文化を知る為にもとても貴重な滞在方法と言えるでしょう。 「郷に入っては郷に従う」これはホームステイで滞在する上では決して忘れてはならない言葉です。

ホームステイ ホストファミリー ホームステイ ホストファミリー ホームステイ ホストファミリー

滞在中はお世話になっているという謙虚な気持ちで接し、何か分からない事があれば、はっきりと聞くようにして下さい。 初めから流暢にコミュニケーションが取れる人はなかなかいませんが、とかく日本人は黙ってしまいがちです。 しかし自分で意思表示が出来なければ相手は分かってくれません。 遠慮せず自分の気持ちを伝えるという事が大切です。
また滞在して間もない頃は、ファミリーが言っていることは簡単な単語しか聞き取れないことも多く、自分で聞いていた内容や理解が実は全く違っていた!なんていうミスコミュニケーションも多々あることでしょう。 大事な内容であればある程、恥ずかしがらず、何度も聞き直して下さい。 ファミリーが言っている事が分からないのは当然のことですし、ファミリーも当然そこは理解していますので、何度も聞き直すことは決して失礼な事ではありません。 それより分かったフリをしている方がむしろ失礼にあたります。

ホームステイ ホストファミリー ホームステイ ホストファミリー ホームステイ ホストファミリー

滞在中はその家庭のルールに従い生活する事が大切ですが、どうしても我慢できないことや、明らかにホストファミリー側に問題がある場合はきちんと主張することが大切です。 多くはちょっとした誤解や言葉の問題でお互いが勘違いしていたというケースがほとんどなので、意外とあっさり解決する場合が多いようです。

ホームステイ ホストファミリー ホームステイ ホストファミリー ホームステイ ホストファミリー

ホームステイの環境

ホームステイの環境多国籍な人種が暮らしているオーストラリアでは、全てのホストファミリーが必ずしも白人とは限りません。 夫婦が別々の国籍であることも。また最近では離婚率も増え、ホームステイ先が母子家庭であることも少なくありません。 既に子供が独立した老夫婦や子供がいないシングルマザーの場合もあります。 ホームステイ先は通常、街の中心部から郊外に位置しており、街の中心部までは公共交通機関を利用しても30分~40分の範囲が基本です。 街の中心部にある学校に通う場合は”Door to Door”で約1時間かかると思って下さい(地域により異なる)

ホームステイでのルール

食事について

食事について食事は基本的に月曜日から金曜日は朝・夕の2食、土曜日と日曜日(祝日)は朝・昼・夕の3食が滞在費用に含まれています。 朝食はパンやシリアルと牛乳などの簡単な朝食をセルフサービスで済ませ、夕食はホストファミリーが用意してくれます。 土日の昼食は冷蔵庫にあるものでサンドイッチなどを自分で作るのが基本スタイルです。
オーストラリアの一般家庭の食生活は決して豪華なものではありません。 中には口に合わない食べ物もあるかもしれません。
どうしても食べられない物やアレルギーが出る食材などがあれば事前に好き嫌いを伝えておくことも大切です。

食事についてもし食事の量が少なければ遠慮なくおかわりをし、食事の量が多ければ「too much for me.」(私には量が多すぎるわ)とか、 「I am full.」(私はお腹一杯です)などと伝えて下さい。 何も言わずに残すと「体調でも悪いのか?」「口に合わなかったのかも!?」などとかえって気を使わせてしまうことになります。 そして食事が終わったら、率先して後片付けをしましょう。

水について

水についてオーストラリアは地域により異なりますが、1年を通て雨量が少なく、水は大切な資源となりますので、ホストファミリーからも節水をするように言われます。 シャワー時間の短縮はもちろん、歯を磨く時に水を出しっ放しにしたりするのは禁物です。 水道水は飲めなくありませんが、極力控えた方が良いでしょう。 飲料用の水はミネラルウォーターをお勧めします。

シャワーについて

シャワーについてオーストラリアはバスタブにお湯を張ってお風呂に入る習慣がほとんど無く、シャワーで済まします。 大抵は大きなタンクが 1 つあり、そこにお湯に変えて蓄えてシャワーとして使います。 長時間シャワーを浴びていると、シャワーの最中に水になることもあり、次の人がお湯を使えなくなってしまうので、お湯の節約は気をつけなければなりません。 次にお湯が使えるまでにはかなりの時間が掛かるので、ファミリーに迷惑を掛けないように短時間で済ませる心掛けが必要です。 シャワーは 10分前後で出るように心掛けて下さい。

洗濯について

洗濯について基本的にホストマザーが家族の洗濯物と一緒に洗濯をしてくれる場合の方が多いですが、もし自分で洗濯をするように言われた場合は洗濯機などの使用方法をきちんと聞いてから使用して下さい。水を大切にしているので毎日洗濯をする習慣は無く、週に一度にまとめてするのが一般的です。どうしても洗濯をしたい場合には、必ずファミリーの了解を取って行なうようにして下さい。 特に女性の場合は下着等、他人に見られたくない洗濯物もあるでしょう。 自分の部屋で干せる小さめな洗濯物干し用具があると便利でしょう。

インターネットについて

インターネットについてオーストラリアはインターネット技術が日本に比べて大幅に遅れており、2011年現在でも光回線は無く、いまだADSL回線を利用しています。 昨今、一般家庭においてインターネットは大幅に普及しつつありますが、日本のように「使いたい放題プラン」は無く、利用制限がある契約状況になっていますので、ホストファミリー先でインターネットが利用できたとしてもメールチェックや簡単なWEB検索程度にして下さい。 容量の重いデータなどは決してダウンロードしないようにして下さい。

電話について

電話についてホームステイ滞在中、一番多いトラブルが電話によるものです。 電話を利用する場合は必ずホストファミリーに許可を得ましょう。 もしくは到着後、早々にご自身で携帯電話を購入したり、レンタルしたり、自ら通信手段を確保するようにして下さい。

喫煙について

喫煙についてオーストラリアのほとんどの家庭は室内では禁煙となります。 タバコを吸える家庭を希望された場合でも家の中ではまずタバコは吸えません。 その際、どこでタバコを吸っていいのかを必ずファミリーに確認を取ってから決められた場所で吸って下さい。

ペットについて

ペットについて オーストラリアのほとんどの家庭では犬や猫や鳥類などのペットを飼っていることが多いです。 もしペットアレルギーのある方はお申込の際に必ずお伝え下さい。 100%の保証はできませんが、アレルギーがでるような動物を飼っていないホストファミリーを可能な限り手配します。

ホームステイへのリクエスト

ホームステイ ホストファミリーへのリクエスト ホームステイ先へのリクエストは、例えば、動物アレルギーの有無、ペットの有無、食べ物に関する部分など、このような身体の健康に影響を及ぼすことに関するリクエストは優先的にお聞き致しますが、 住宅地域の指定、通学時間、インターネット接続の有無、ファミリーの人種指定などのリクエストに関しては、お聞きすることはできますが確約できるものではありません。

各都市のホームステイ平均相場価格

都市名 滞在料(1週間)一人部屋利用・食事付き
ケアンズ AU$210~AU$220
サンシャインコースト AU$220~AU$230
ブリスベン AU$220~AU$230
ゴールドコースト AU$220~AU$230
シドニー AU$250~AU$260
メルボルン AU$250~AU$260
パース AU$220~AU$230
このページの上部へ