Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia Working in Australia
  1. ホーム
  2. オーストラリア Farm(ファーム)とWWOOF(ウーフ)

オーストラリア Farm(ファーム)とWWOOF(ウーフ)

ファームの仕事

2005年11月1日よりオーストラリアでのワーキングホリデーを2年間に延長、 または2度目のワーキングホリデービザが申請できるセカンドワーキングホリデー制度が開始されました。

この制度はオーストラリア政府が指定する地域で3ヶ月間以上(実働日数88日間)指定労働(*1)主に農場における野菜やフルーツの収穫作業や梱包作業に就いた者を対象にワーキングホリデービザを1年間延長、または2度目のワーキングホリデービザの申請を認めるという制度です。

1年目のワーキングホリデーを継続して最長で2年間のオーストラリア滞在が可能ですし、または1年目ワーキングホリデーを終えしばらく日本に帰国し、再度オーストラリアのワーキングホリデービザを申請して1年間のワーキングホリデー滞在をしても大丈夫です。

1年目のワーキングホリデー期間中に指定地域&指定労働に合計で3ヶ月以上の仕事に就けばその条件を満たすことになり、例えば3つの指定労働を1ヶ月ずつの3回に分け、合計で3ヶ月を超えれば問題ありません。

指定された労働で働いたことを証明するために、その仕事を提供した雇い主からサインを貰う必要があります。 フォーム1263という書類にオーナーから仕事日数の記載とサインを貰う必要があり、この書類はオーナーが基本的に保有していますので用意する必要はありません。 可能であれば給与の支払い明細や納税書類を受け取って下さい。

 Farmの仕事  Farmの仕事  Farmの仕事  Farmの仕事  Farmの仕事  Farmの仕事  Farmの仕事  Farmの仕事  Farmの仕事  Farmの仕事  Farmの仕事  Farmの仕事

オーストラリア政府の指定労働とは

下記が(*1)オーストラリア政府の指定労働となります。
主に【1】農作業・畜産業にあたるファームと呼ばれる各種フルーツや野菜のピッキング(収穫作業)や パッキング(梱包作業)が仕事が見つけやすく、多くのワーキングホリデーの方々がファーム仕事にてセカンドワーキングホリデーの申請資格を得ています。

【1】農作業・畜産業
農作業・畜産業
  • 農作業に関わる一般的な作業
  • 農作業の収穫、及び梱包作業
  • 販売目的で畜産・酪農にかかわる飼育や加工品の製造
  • 畜産・酪農にかかわる毛刈り、食肉解体業、加工など
【2】農作物の加工
農作物の加工
  • 畜産業における牧場等での一般作業
  • 原料からの乳製品製造・ぶどう園などでの樹木の手入れ作業
  • 魚類や海産物の採取に関する仕事
  • 真珠採取や真珠貝の採取、あるいは養殖に関する仕事
【3】樹木の伐採
樹木の伐採
  • プランテーションや森林にて伐採目的で栽培
  • プランテーションや森林にて伐採
  • プランテーションや森林にて伐採された木々を製粉、加工する場所への輸送作業
【4】鉱山労働
鉱山労働
  • 石炭鉱山
  • 鉱山における技術・エンジニア業務
  • 鉱脈調査
  • 鉱石鉱山
  • 鉱山に関連したサポート業務
  • 油田・ガス田・その他の種類の鉱山や採石等の作業
【5】建築労働
建筑労働
  • 建築物の内外装仕上げ業務
  • 建築物の各種取付け業務・建築物の組み立て業務
  • 構造建築物に関するエンジニア業務
  • 土地の開発・整地に関する業務
  • 住宅以外に建築物における建築作業

オーストラリア政府の指定地域

指定地域

オーストラリアは7つの州がありますが、その7つ全域に指定地域が存在しています。
指定地域は下記↓のサイトよりご確認下さい。

http://www.immi.gov.au/visitors/working-holiday/417/postcodes.htm
(*上記のサイトの表に表示されている番号は地域の郵便番号を示しています。)

指定労働エリアと農作物の収穫カレンダー

例えば、下図はQueensland州における指定労働エリアと野菜やフルーツの収穫カレンダーです。

図中の数字は農作物の収穫の多い月(All Year は一年中収穫)を表します。

Queensland 州 指定労働エリアマップと収穫カレンダー

農作物

QLD州 指定労働エリアマップ

※その他の州の指定労働エリアなどの詳細はオーストラリア政府が発行するHarvest Guide
(季節労働雑誌抜粋版/PDFファイル)
をご参照ください。

ファーム仕事の探し方

【1】オーストラリア政府推奨のWEBサイト「Australian Job Search Harvest Trail」から検索

なんと言ってもワーホリ同士の友人・知人のツテやクチコミが一番の情報源になりますが、まずはオーストラリア政府推奨のWEBサイト「Australian Job Search Harvest Trail」から検索する方法があります。 このサイトにはオーストラリア全土の仕事情報が掲載されており、フルーツピッカーが募集されています。

【2】農村地帯のバックパッカーで紹介

次は、農村地帯のバックパッカーに宿泊し、その宿から仕事を紹介してもらう方法です。 地域によって仕事の紹介方法は異なりますが、一般的には農家は人手が必要な時、バックパッカーへ求人を出します。 但し、中には仕事の紹介を行っていない宿もあるので、事前に問い合わせをして確認しておいた方が良いでしょう。

【3】ファーム仕事をしている友人・知人からの情報

最も有効な方法は前述した通り、すでにファーム仕事をしている友人・知人からの情報を元に仕事を探すことです。 語学学校で知り合った人を頼ったり、SNSなどコミュニティーサイトを利用されると良いでしょう。

【4】日本語情報センターなどでの情報

また、各主要都市にある日本語情報センターなどでも情報を仕入れる事ができます。

ファーム掲示板 ファーム掲示板 ファーム掲示板 ファーム掲示板 ファーム掲示板 ファーム掲示板 ファーム掲示板 ファーム掲示板 ファーム掲示板

ファーム中の滞在先

一般的には仕事場近くのバックパッカーに宿泊しながらの生活になります。 農家がある地域はほとんどが田舎ですから、インターネットで予約できるような場所も少ないため、電話での予約になります。 ピッキングで有名な地域はメインシーズンになると色々な場所から人が集まるため、早めに宿を確保することをお勧めします。 もし車を持つなら、キャラバンパークに滞在しても良いでしょう。
キャラバンパークとは敷地内でテントを張ったり、備え付けのキャラバンで生活するスタイルです。

1日の生活スタイルは宿泊先であるバックパッカーと農場の往復です。 基本的には農場やバックパッカーが仕事場まで送迎してますが有料の場合もあります。

ファーム仕事の一日

ファーム仕事の一日

ファーム仕事の一日

ファーム仕事の一日

ファーム仕事に必要な持ち物

炎天下の中、長時間に渡る作業が多いので、水は必須です!夏場なら4リットルは用意しましょう。凍らせたお水を持って行くと冷たく飲めます。 保冷機能がついたチラーバックも活躍します。現地でAU$5程度で購入できるでしょう。 チラーバックにお水とお弁当を入れておけば、お弁当が腐ることもないでしょう。

フォーム仕事の報酬(給料)

時給制歩合制に分かれます。(各ファームや収穫する物によります。)
時給制は1時間の労働に対してAU$15とかの給与体制です。
歩合制の場合は、1バケツの収穫に対してAU$5とかの報酬体制となります。
この場合、収穫したバケツが自分のだと分かるように、農家からバケツに入れる番号札をもらい収穫作業を行います。

多くの農家は週払いです。給料は銀行振込小切手で支払われる場合が多いです。 現金で手渡しという場合があります。その場合は雇い主が税金をごまかす為、違法をしている事が多いので要注意!です。 また、正式に雇用されていない可能性もありますので、セカンドワーキングホリデービザ取得の目的の為に働くのであれば、必ず雇用主に確認をして下さい。

1ヶ月に稼げるランキング

時給や歩合制、または雨が降ると休日になる可能性があり時期によって多少変動はありますが・・・

Farmの仕事
1位 AU$ 1,500~2,000
2位 AU$  800~1,000
3位 AU$ 1,000~1,500
4位 AU$  200~800
5位 AU$ 2,000以上
「どの州で仕事を見つけたか?」のランキング
Farmの仕事
1位 Queensland(QLD)
2位 Victoria(VIC)
3位 New south wales(NSW)
4位 Western Australia(WA)
5位 Tasmania(TAS)
6位 South Australia(SA)
7位 Northern Territory(NT)

指定仕事については必ずしも有給である必要は無くWWOOFやボランティアでも可能です。
指定地域でのWWOOFやボランティアでの労働提供は、勿論セカンドワーホリビザ取得対象の仕事になります。

 Farmの仕事  Farmの仕事  Farmの仕事  Farmの仕事  Farmの仕事  Farmの仕事

WWOOFについて

WWOOFとはWorld Wide Opportunities on Organic Farmの略称です。
「世界に広がる有機農場での機会」の意味で、「食事・宿泊場所」を提供する側をホスト、「力」を提供する側をウーファーといい、どちらも登録制です。 1日4時間~6時間の労働提供による給与の支払いが無い代わりに食事と宿泊場所の無償提供をしてくれる制度です。
給与という形ではなく労働するシステムは、WWOOFという組織によって1971年イギリスで始まり、オーストラリア、ニュージーランドで発展しました。 現在は、世界20か国以上にWWOOF事務局が設置されています。 各国にその国のWWOOFを運営するWWOOF事務局が一か所あります。
日本でも1994年に誕生、2002年からはインターネットを使いWWOOF JAPANとして本格的に活動しています。

WWOOF JAPANについては、→WWOOF・JAPANのサイトをご参照ください。

給与は発生しませんが食事も宿も無償提供されるので、滞在中はほとんどお金を使う事もありません。 労働地域は郊外の田舎がほとんどで街中では無い為、お金を使う場所もありません。
イメージとしては労働を提供し、その雇い主である家族と一緒に生活するホームステイのようなものです。 仕事や食事を共にして、英語を使いコミュニケーションが取れる絶好の機会となるでしょう。

ワーホリ中の一番の良い思いでは?と尋ねると「WWOOF経験」と答える人が多数いらっしゃいます。 本当のオーストラリアの文化や生活習慣に触れることができる貴重は時間になることは間違いありません。是非お勧め致します。

ウーファーについては、→WWOOF・JAPAN「ウーファーになろう」をご参照ください。

WWOOFでの仕事

WWOOFの仕事内容は労働提供主によって様々ですが、農作物の収穫、ガーデニング、雑草取り、植林、環境に関すること、家畜への餌やり等、様々な仕事があります。

WWOOFの仕事 WWOOFの仕事 WWOOFの仕事

WWOOFへの登録

WWOOFの仕事 オーストラリアのWWOOFに登録し、WWOOFメンバーになる必要があります。 登録をするとオーストラリア全土でWWOOFを受け入れている2,200以上もの雇い主(ホスト)の情報を掲載した本 ”WWOOF Book ”がもらえます。 このWWOOF Book は登録日から1年間有効で、この本の表紙には登録名の記載があり会員証としても使えます。 現在の登録料はAU$65です。本の郵送料が別途AU$5必要です。

オーストラリアに行ってから、各主要都市にある日本語情報センターなどでの登録も可能ですが、オンライン登録も可能です。

◆オンライン登録サイト→WWOOF Australia


WWOOF Book における雇い主(ホスト)のリストは下記のように表記されています。 WWOOFの仕事

◆WWOOF Book における雇い主(ホスト)のリストをもっと見る→Preview of WWOOF Hosts

雇い主(ホスト)への連絡方法

WWOOF Bookに掲載されているリストを見て、気に入った雇い主(ホスト)先を見つけ、電話・E-mailにて雇い主(ホスト)に連絡を入れます。 労働時間やWWOOF期間などの交渉にあたります。
◆E-mailで連絡する場合は
   こちらの連絡事項フォームを参考にして下さい。→WWOOFer Application form

労働時間は基本的に1日4時間~6時間が目安となります。 最短のWWOOF期間は2日間~となりますが、期間は雇い主との交渉次第です。 但し、ワーキングホリデーの場合は最長6ヶ月までとなります。WWOOF先への交通費はすべて自費となりますが、 最寄のバス停や町まで雇い主(ホスト)が車で迎えに来てくれることが多いです。

WWOOFに持っていくもの

寝袋と懐中電灯

WWOOFの仕事通常はWWOOFのホストの家の空いている部屋がウーファーの部屋になり、シーツや毛布など用意されていますが、念の為、寝袋が必要か確認して下さい。

ブーツと軍手

WWOOFの仕事作業は室内もありますが、その多くは屋外で行われます。 畑での仕事や、雨の中仕事をすることもあると考えておいてください。 怪我や、動物昆虫から噛まれたり、刺されたりする事を防ぐため、足とくるぶしをしっかり覆うブーツと、軍手が必要になります。

サングラスと帽子

WWOOFの仕事日焼け、紫外線防止のために必要になります。必ず持参してください。

ピッキングで使える英単語

農家では、当然のことながら農業用語が飛び交います。
農家で使われそうな単語、用語を覚えましょう。

ピッキングの英語

農作業中によく使われる用語集
G'Day
Hello   こんにちは
Mate
buddy, friend
友達、仲間。挨拶や呼びかけにも使われる。
Oz
Australian オーストラリア人
No worries!
心配ないよ。問題ないよ。大丈夫だよ。
Beaut, Beauty, Beautiful
great, fantastic   すごい、よくやった。
Good onya
good for you, well done
よくやった、よかったね
Cranky
get angry   怒る
Smaily
slowly   作業などが遅い
Smoko
smoke or have a break   小休憩
Big day
忙しい日
Quiet day
忙しくない日
Knock off
終了
Day off
休み
Standby
待機
Hourly work
時給の仕事
Contract work
歩合の仕事
Mozzie
mosquito   蚊
Lorry
軽トラック
Buggy
農地などを走る車輪の大きな自動車
Wheelbarrow
手押し車

ピッキングの英語

Crate
20×30×60cmの大きさのプラスチックの箱。苗を入れたりする時に使う。
Bin
1m四方のプラスチックの箱。
収穫物を入れる時に使う。
Card board
段ボール
Mark
Bend
曲がっている
Rubbish
ごみ、くず
Throw away
捨てる
Broom
ほうき、長柄のブラシ
Sweep
掃く
Damp cloth
雑巾
Wipe
拭く

ピッキングの英語

Field work
外作業
Chipping
種まき
Ginning
種拾い
Thinning, planting
植え込み
Weeding, tipping
雑草をとる
Pruning
刈り込み、剪定
Wiring
ワイヤー張り
String
ひも張り
Netting
網張り
Vine training
蔓張り

ピッキングの英語

Shed work
屋内業
Packing
梱包作業
Sorting
仕分け作業
Processing
加工
Supervisor
監督者
Bucket boy
収穫物をトラックに乗せる人
Stacker
積み重ねる人
緊急時の英語

ピッキングの英語

I feel bad.
気分が悪いです。
I am thirsty.
喉が渇きました。
A thorn stuck(in my finger).
とげが(指に)刺さりました。
I was stung by a bee.
蜂に刺されました。
I have a crimpy pain.
シクシク痛いです。

ピッキングの英語

農家・宿泊先への問い合わせ英語
こんにちは、わたしは(山田花子)といいます。(アサートン)でのピッキングに興味があるのですが、お仕事はありますか?
Hi, my name is (Hanako Yamada), I am interested in farm work at (Atherton).
Do you have any jobs?
そちらでセカンド・ワーキングホリデービザは取れますか?
Can I get the second working holiday visa?
いつから働けますか?
When can I start working?
今はどんな農作物が取れるのですか?
What kind of crops are there now?
今はどんな仕事がありますか?
What can I do to work now?
定期的に仕事はありますか?
Do you have jobs constantly?
1週間でどれくらい稼げますか?
How much can I earn in wages per a week?
来週の月曜日から部屋を予約したいのですが
I'd like to book a room from next Monday?
一人部屋は(二人部屋)はいくらですか?
How much is a single room (twin room)per night?
部屋代は一週間いくらですか?
How much is the room per a week?
近くに(食料品店)はありますか?
Is there a (supermarket) nearby?
日本語の話せる人はいますか?
Is there anyone who can speak Japanese?
このページの上部へ