The story of experience in Australia The story of experience in Australia The story of experience in Australia The story of experience in Australia The story of experience in Australia The story of experience in Australia The story of experience in Australia The story of experience in Australia The story of experience in Australia The story of experience in Australia
  1. ホーム
  2. 留学体験談
  3. 留学体験談09

留学・ワーキングホリデー体験談

留学・ワーキングホリデー体験談

りえさんのオーストラリアワーキングホリデー

一年終えて、帰国し思う事は、本当に日本との生活スタイルが違うと感じます。

日本でずっと忙しく働いていた私ですが、バイロンベイでの時間はゆっくり過ぎていき、毎日海に入り、夢のような時間でした。 今思うと、出発する前は楽しみと同時に色々な不安がありましたが、行ってみるとなんとかなるもんですね。 生活に必要な物はだいたい手に入りますし、AUSの食事も何不自由なく(フルーツなんて最高でした♪)、想像していたよりも過ごし易かったと思います。

学校はAUSに入国後すぐ、3ヶ月通ったのですが、ここで友達がたくさんでき、その後の生活も色々と助け合う事があり、英語面でも本当に学校に行って良かったと思います。 通い始めは本当に授業の内容さえ理解できず、ストレスを感じる事もありましたが、3ヵ月後卒様する時には、授業についていく事ができていたので、英語力って目に見えないものですが、日々少しづつ伸びているんだと実感しました。 しかし私の英語力はまだまだで、学校卒業後の職探しは本当に苦労しました。

りえさんのオーストラリアワーキングホリデー

バイロンベイはとくに小さい町ですし、その割りに職を求めているワーホリさん(日本人のみならず)がたくさんいました。なかなか競争率は高かったです。。。 仕事は英語が話せる人、体力のある男の子、その職種の経験がある人などが優先的に雇われるので、それに当てはまらない方は、とにかく知り合いをたくさん作る事が大事だと思います。 知人の紹介”はなかなか強い職探しの方法です。

バイロンベイだけに限らず、知人をたくさん作っておけば、今後ファームで働きたいと思った時等、バイロンベイを旅立って行った友人に情報を教えてもらえるからです。

ファームは特にその場所の状況(天候や、作物の出来具合、バッパーが空いてるか等)、リアルタイムな情報が本当に重要になってきます。 恥ずかしながら、私はバイロンベイでResume(履歴書)を50枚近く配ったかと思います。一軒目で見つかる人もいたようですが、私みたいに約2ヶ月就職活動を している人も少なくありませんでした。もっと都市に行けば状況は違うのかもしれませんが、バイロンベイに来られる方は少しでも多くお金を貯めて来られた方がいいかと思います。 2ヶ月間も期待していた収入がなく、お店に行っては断られを繰り返していると、すこし病みました。。。 でもそこはバイロンベイ、病んだら綺麗なビーチでサーフィンをして癒されて、また明日も頑張ろうと思えました。 最終的になんとかクリーナーのお仕事を得て、多くはない日数でしたが、自給は15ドルで家賃稼ぎにはなりました。 ボスもいい人で、私のつたない英語でも理解してくれようとして、とても働き易い環境でした。

その後、セカンドビザの為にファームへ行きました。 私はバンダバーグというファームがたくさんある有名な地域に行ったのですが、 丁度私がそこにいた時期、信じられないくらいの雨続きで、バッパーでの待機が何週間も続き、金銭面も精神面もかなりきつかったです。 自然(天候や収穫)まかせな仕事ので、どこに怒りもぶつける事もできず。。。泣いてる人も少なくなかったです。私もその一人です(笑)

バンダバーグでのレント(家賃)は週160ドルくらいだったと思います。 町にはマクドナルドもあり、大きいモールもあり、不自由はしないですが、海が近くにありません。 車がある友達に連れて行ってもらうか、バッパーが人数を集めてバスで連れて行ってくれたりします。 私がいたのは短い期間でしたが本当に素敵な出会いがたくさんありました。 私はなぜか、韓国人の中で一人日本人いつもご飯を食べたり、週末はパブに飲みに行ったり、近くのモールに行ったりと、皆本当に優しくお世話になりました。 たくさんの韓国料理も食べました。お隣の国だけあって、考え方もにていて、みんな本当にピュアで、勉強もまじめで、英語もたくさん教えてくれました。 日本に帰っても、すぐに会いにいける距離なので、絶対に会いに行きたいと思っています。 他にもヨーロピアンや台湾人、私のバッパーには少なかったですが、日本人も何名かいました。 私がバンダバーグを去った後、お天気も回復しお仕事もうそのように増えたそうです。 移動した友達もいましたし、その場所でひたすら仕事が回ってくるのを待つ人もいました。 私は根性がなかったので、すぐにあきらめてバイロンベイへ戻り、その為セカンドも取れませんでしたが、とてもいい出会いといい経験ができました。

りえさんのオーストラリアワーキングホリデー

バイロンベイに戻ってからはまたサーフィン三昧、帰国するまで自由気ままに過ごしました。 帰国して一番思ったことは、入国する前にもっと英語を勉強しておけば良かったと思います。 友達を作るにしても、仕事をするにしても、とにかく英語!! 英語さえ話せれば、もっと楽しめた部分もあったと思うからです。 行く前は正直少し安易な考えでした。 アメリカ英語になれているせいか、オージーの英語は(とくにおじさんの)未だに会話をしていても聞き取れないです。

りえさんのオーストラリアワーキングホリデー

またAUSへと行こうと思っているので、日本ではあまり英語に触れる機会も少ないですし、今でさえつたない英語ですがレベル維持の為、英会話教室に通っています。 後、日本人問わずワーホリさんたちは自炊に苦戦している人が少なくありませんでした。 外食はお金がかかるし、一人分を作るのはめんどくさいし、そこで学校の皆で集まって、晩ご飯をシェアするスタイルが多かったです。

台湾料理や、韓国料理、色々楽しめました♪でもみんなバイロンベイを離れる人の方が多いので、いつかは自分で作らないといけない日がやってきます。 英語同様、料理も出発前から身につけておいた方がベターです。バイロンベイでも、ある程度の日本食、調味料は手に入りますし、ゴールドコーストまで行く機会があればよく日本食スーパー等で買いだめしたりしました。

これは女性だけに限ってしまうんですが、生理用品はAUSの物も使えなくはないですが、日本の物がいいです。お肌弱い方はとくに。 しかもタンポンを使う方は多めに日本の物を持っていった方がいいかもしれません。 というのも、日本の物の様にプラスティックの容器に包まれておらず、綿をそのままといった感じです。 もしかしたらAUS製品でもいい物もあるかもしれませんが、私は見つける事ができませんでした。 これもまた、日本食スーパーに取り扱っていますが、お値段高いです。AUSにも(バイロンベイにも)かわいいお洋服も安く売っています。 あまり日本からいい物を持ってくる必要はないかと思います。

洗濯機もパワーが日本の物よりも強いのか、お洋服すぐクタクタになります。かわいい服はパブに出かけるときの勝負服くらいでいいと思います(笑) 普段はTシャツ、短パン、ビーサン率が多くなると思います(笑)バイロンベイだし!(笑)決まってる方が逆に浮きます。。。(;;)

りえさんのオーストラリアワーキングホリデー

バイロンベイは人も時間もゆっくりで、本当にのんびりするにはいいところです! バイロンベイを出ても戻ってくる友達もたくさんいましたし、 私もまた早く戻りたい気持ちでいっぱいです。灯台しかない小さな町ですが、きれいな海と不思議な空気で魅了されます。 日本ではできない経験をたくさんし、考え方まで変えさせられる様な1年でした。少しですが、色々な面で成長もしたし、何より英語で会話ができるように なった事、本当にうれしく思います。ずっとずっと迷って、重い腰をあげ、行動に移して本当に良かったです。

奥津さんにお会いした事はないので、この言い方はおかしいかも知れませんが、奥津さんに”出会えて”人生が変わりました。
ここだけの話、これからも一緒にいるだろうなという人にも出会えたんですよ。

奥津さん!これからAUSへ向われる方々にも、バイロンベイでなくとも是非素敵な体験をして頂きたいので、その方達のお手伝い頑張って下さいね!!

  • 留学・ワーキングホリデー体験談前へ
  • 留学・ワーキングホリデー体験談一覧
  • 留学・ワーキングホリデー体験談次へ
このページの上部へ