The story of experience in Australia The story of experience in Australia The story of experience in Australia The story of experience in Australia The story of experience in Australia The story of experience in Australia The story of experience in Australia The story of experience in Australia The story of experience in Australia The story of experience in Australia
  1. ホーム
  2. 留学体験談
  3. 留学体験談27

留学・ワーキングホリデー体験談

留学・ワーキングホリデー体験談

私のオーストラリアでのワーホリライフは2012年5月に始まりました。 ずっとワーホリに行きたいと考えていて、でもワーホリのその先に何があるのか、英語を勉強して何がしたいのかわからず、ずっと足ふみしていました。 でも何年間もずっと憧れていて、このままやらずに終わったら絶対後悔する!と思って、大好きだった仕事を辞めてワーホリに行くことを決意しました。 どうせ行くなら日本人が少ない所!と決めてオーストラリアはパースにいくことに決めました。

さおりさんのオーストラリアワーホリ

オーストラリアに到着した翌日から語学学校に通い始め、初日のテストでクラスは上から2番目のクラスに行くことになりましたが、日本人特有の文法はできても喋れない!を見事に発揮し、 到底ついていくこともできず一つレベルを下げてもらいました。
学生時代から英語は好きで得意だと思っていたけど、さっぱりわからずついていけない自分にかなり凹みました。周りの子が楽しそうに英語で会話しているのをうらやましく見ていた気がします。 また授業もディスカッションとか自分の意見や考えを話す機会が多かったのでより一層できない自分に落ち込み、声がでなくなった時もありました。 周りの群れてる日本人の中に逃げたいと思ったこともありました。 だけど、日本人とは群れない!って言う気持ちだけは貫きたかった。

さおりさんのオーストラリアワーホリ

コロンビア人の友達にあなたは英語が流暢に話せてうらやましいなって言った時、みんな同じように話せない、文法がわからない、英語を勉強するために語学学校に通っているんだって、 私だけじゃないんだって知りました。自分はただ逃げてただけなんだと気づきました。 私が何か話そうとする時、いつもしっかり耳を傾けてくれ、わかろうとしてくれる友達がいました。 わかろうとしてくれる人がいるんだから、自分もわかってもらう努力をしようと思うようになりました。

それから少し自分が変わりました。授業でも発言できるようになったり、自分からどんどん話しかけにいくようになりました。 そして、世界中に友達ができました。

授業後には毎日近くのビーチで話したり、BBQをしたり、ビーチバレーをしたりサーフィンをしたりし…休みの日も友達とビーチで過ごしたり、ロットネスト島など郊外へ出かけたりしました。 語学学校に通った3ヶ月間が、私のワーホリ生活の中で一番の思い出です。
私が行った学校はとても国際色豊かでとてもいい出会いの場でした。ブラジル、コロンビア、ドイツ、スイス、フランス、韓国、チェコ、チリ、スペイン、イタリア… 広いオーストラリアに来て、もっともっと広い世界とつながることができました。

さおりさんのオーストラリアワーキングホリデー

オーストラリアに来て最初の4週間はホームステイをして、それから自分でシェアハウスを探しました。 パースでは4回シェアハウスを移動しましたが、全てOZとのシェア生活ができました。 自分で下見の約束をしたり値段交渉をしたり…これがなかなか大変でしたがすごくいい経験になったと思います。

さおりさんのオーストラリアワーホリ

学校を卒業してからは仕事探しの毎日。 日本で保育士をしていたので、チャイルドケアに携わりたいと思い、チャイルドケアセンターや保育園、幼稚園へレジュメを配り歩きました。 ようやく一件インタビューまでこぎつけたのに、インタビュー中にOZの資格がないとわかると即終了という…。帰り道泣きました(笑)
他の都市では日本の資格すら、経験すらない子がチャイルドケアで働いていたのに、なんで資格も経験もあるのに働けないんだと落ち込みました。 でもやっぱりそれは教育関係なので仕方ないと切り替え、だったらボランティアでいいからと、断られた保育園や幼稚園にもう一度行きました(笑) マネージャーがいないから後日連絡するとか、明日電話するとか言われても、かかってきたことは一度もありませんでした(笑)
もうこれでダメだったら諦めようと最後に行った幼稚園で、ボランティアをさせてもらえることになった時は飛び上がるほど嬉しかったです。 幼稚園でのボランティアの経験はすごく楽しかったです。 日本とやっぱり違う保育を身を以て体験することができました。

チャイルドケアの仕事を探すと同時にお金が本当にやばくなってきたので、ほかの仕事も同時に探しました。 ローカルで働きたかったのでとにかく大変でした。パースには欧米人がたくさんいるので、やはり話せる欧米人の方が雇われやすいです。 30枚配って一件返事があるかないかぐらい。でもダメ元で当たってみたホテルで働けることになりました。 小さなホテルでしたが、レセプションやハウスキーパー、キッチンハンドなどいろいろなポジションで働かせてもらえました。
またgumtreeにベビーシッターの募集をかけてみたりし、3軒のおうちでベビーシッターをやらせてもらいました。

さおりさんのオーストラリアワーホリ

パースで半年過ごした後に、語学学校で出会ったブラジル人、スイス人、フランス人と4人で車でラウンドに出ることになりました。 1ヶ月かけてWAからSA、NT,QLD、NSWと大陸を横断しました。夢のウルル、キングスキャニオンにも行くことができました。 自然のスケールが全然違って、感動しっぱなしの1ヶ月間でした。
もちろんいくら友達でも国籍も文化も、育った環境も考えも価値観も全く違う人たちと1ヶ月間24時間一緒にいるというのは大変なこともありました。 意見が食い違ったり何度も喧嘩したり、車が途中で完全に壊れるというハプニングもあったり(笑)友達同士の口論を目の当たりにしたりと、トラブル続出の旅でした。 旅の中で、自分はもっと自分の意見を言わなくちゃいけないなと考える機会にもなりました。たくさん喧嘩したけど、今でも一番仲がいい友達です。ラウンドに出て本当によかった。

ラウンド後は子どもに英語を教える資格を取るためにブリスベンの学校に通いました。 日本の資格の学校だったので久しぶりに日本人の環境に入りました。 ここで出会った日本人のみんなは、同じ目標を持つ子たちばかりで、授業はほとんど英語だったのですが、同じ日本人なのにこんなに流暢に話せるのか!と本当にいい刺激になりました。 ここで過ごした1ヶ月間は本当に大変で眠れぬ日々が続きましたが、仲間たちのおかげで乗り越え、資格も取得することができました。 またブリスベンではコリアン、台湾人とシェアハウスでした。

クリスマス、年末年始をシドニーで過ごしたくてシドニーに移動しました。 シドニーに来てすぐに仕事を探しはじめ、ローカルのレストランでウェイトレスとして働き始めました。 (仕事があっさり見つかりすぎてびっくりしました)OZの家でスイス人とシェア生活をしたり、友達とシドニーのカウントダウンの花火を見に行ったり、とても充実した時間を過ごすことができました。

シドニーの後どこに移動しようかと考えている時に、友達に紹介された派遣会社に登録しました。 オーストラリア全土に派遣されるというもので、私はクイーンズランドの小さな小さな町のホテルに派遣されました。 そのホテルには長期滞在しているお客さんがたくさんいたので、そのお客さんたちとも仲良くなることができました。 お客さんはもちろん全員OZで、OZの友達ができたのもここが初めてだったかもしれません。仕事は午前はハウスキーピング、夕方からはホテルのレストランでウェイトレスをしました。 周りには何もなくクロコダイルかサメに注意と書かれた看板ばかりが目につくような田舎での生活でした(笑) でも本当にたくさんの人との出会いがあってすごくいい時間を過ごせとと思います。 使い道がなかったので、お金はすごくたまりました。
3ヶ月間をそこで過ごしたあと、最後の旅に出ました。

ケアンズでスキューバダイビングにスカイダイビングを堪能したあとに、やっぱり大好きなパースに帰りたいと思い、パースに戻りました。 パースに戻ってからWAの旅に行き、エクスマウスではジンベエザメと一緒に泳いだりしました。 それからメルボルンを旅して、私のオーストラリアでの生活は終了しました。

仕事で貯めたお金を頼りに、今はニュージーランドを一人旅中!
これからアジアの旅へ出ます。

オーストラリアでのワーホリを終えた今思うのは、あの時仕事を辞めて海外へ飛び出してみて良かったということです。 確かにワーホリをして英語を勉強したからと言って何ができるかなんてわかりません。 でも確実にわかるのは、ここに来なかったから出会えなった友達、日本じゃできなかった経験、感じられなかった気持ちが必ずあるということ。

私はオーストラリアに来て、自分を変えられるのも、自分の人生を変えられるのも、すべて自分次第だと学びました。 仕事探しでくじけそうになった時、この国はいかに自分をアピールするかだと気づきました。なかなか自分の意見を言えなかった自分ですが、口に出さなきゃ何も伝わらないし、誰も聞いてくれない。 どんどん自分をアピールしていこうと思えるようになりました。少しだけど、大きくなった自分がいます。少しだけど、強くなった自分がいます。

セカンドを取ろうかとも思ったけど、もっともっといろんな世界が見たい、オーストラリアで取った資格を生かしたいと思い、私のワーホリは1年で終わりにすることにしました。 たった1年しかないから思い切りオーストラリアを満喫しようと動けた自分もいます。

「やりたいことはすべてやった」と言い切れるほど、私のワーホリはNo regretsです。 大きな声で英語が話せるといは言えないけど、英語を通して私の世界がぐーんと広がりました。 本当にワーホリに来てよかった!!足ふみ期間長かったけど、たっぷり考えた分、思い切り充実した日々を過ごすことができました。

今、仕事をしていてワーホリを考えている人がいたらぜひ言いたい、「飛び込んじゃえ!」(笑)  仕事を失っても、それ以上に得るものがたくさんある!私は帰国後が勝負やと思ってます。 まだまだ帰国してからの自分が見えないけど、オーストラリアで経験したこと、得たものを大事に大事に生かしていきたいです。

行かずに後悔するより行って後悔!その方が気持ちがいい。

私の人生の中で一番濃いぃ時間を過ごすことができました。

I ♥ Australia!

Koga Saori

  • 留学・ワーキングホリデー体験談前へ
  • 留学・ワーキングホリデー体験談一覧
このページの上部へ