Go to Australia Working Holiday Study English Bank and ATM Post Shop and Office Foods Foods Shopping Stay Stay Stay Internet Cafe and Mobile Phone
  1. ホーム
  2. オーストラリア留学基本情報

オーストラリア留学基本情報

下記の項目をクリックされると各内容がご覧いただけます。

オーストラリアのワーキングホリデー

オーストラリアのワーキングホリデー1980年12月より実施されています。
日本からは年間約9500人の方がワーキングホリデービザでオーストラリアに渡航しています。 ビザは原則的に7月1日より翌年の6月末日を年度として、発給数が定められ、上限に達した段階で発給が終了するルールになっています。 しかしながら近年、実際にはビザの発給数が上限に達したことはなく、実質的に1年間を通じていつでも申請・取得できる状況になっています。
滞在中は同一雇用主の元で6ヶ月間のアルバイトが認められ、また語学学校へも4ヶ月を上限に通うことができます。 そのほかにはこのビザでの活動に大きな制限はありません。 ワーキングホリデーメーカーに人気の都市はシドニー、ゴールドコースト、ケアンズ、パースなどとなっています。 これらの都市では日本からのワーキングホリデー渡航者や留学生を対象にした生活支援など、様々なサービスを行う日系の会社も多くあります。 ワーキングホリデーでの滞在者の多くはバックパッカーズと呼ばれる安価宿泊施設を拠点にしたり、1件の家やアパートを複数の人で共有する(家賃は居住者の人数で分割)シェアハウスという方法で滞在しています。 シェアハウスの情報については口コミや現地での無料週刊誌や旅行代理店などの貼り紙広告などで見つけることができます。

ワーキングホリデービザ

取得可能年齢と条件

申請時において18歳以上~31歳未満であること。 ワーキングホリデービザを申請し、オーストラリアに入国するまでの有効期間は、ビザを取得した日から数えて12ヶ月のとなります。 そして、オーストラリアに入国してから、最長12ヶ月滞在可能です。

例えば、30歳と10ヶ月でビザを申請&取得した場合、取得日から11ヶ月後にオーストラリアに入国し、入国日から数えて最高12ヶ月の滞在が認められます。 ワーキングホリデービザ申請・取得からの有効期間例

なお、滞在期間中のオーストラリアへの出入りは何度でも可能です。日本への一時帰国も問題ありません。 ただし、オーストラリア国外へ一時的に出国していた期間も滞在許可期間の12ヵ月に含まれるので注意が必要。

その他、既婚者でも問題ありませんが、扶養する子供がいない事。

目的

オーストラリアで休暇を楽しむことが主目的であり、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認めること。

申請費用

AU$270(2011年7月現在)
オーストラリア大使館のホームページからオンライン申請が可能です。

《オーストラリア大使館・ビザ申請サイト》 http://www.australia.or.jp/visa/

申請料金のAU$270クレジットカード決済となります。
使用可能なクレジットカードは、Visa、MasterCard、American Express、Diners Club Internationl、JCB、Bankcardです。 自分名義でなくても問題はありません。 例えば、家族等のクレジットカードなどでも、カード名義人が使用を承諾していれば使用できます。

申請の内容によっては後に大使館より健康診断を求められる連絡があります。
学校に勤務される予定の方、もしくは医療関係、育児関係に従事される方は、健康診断結果を求められます。

取得日数

特に健康診断を必要としない場合、早い方は数時間後には申請が受理され、ワーキングホリデービザが取得できます。
1度目のワーキングホリデービザ申請は、オーストラリア国外からであれば、どの国からでもインターネットを使ってオンライン申請を行うことが出来ます。

セカンドワーキングホリデー

2006年度より、一定の条件を満たした方に対して、2回目のワーキングホリデーを認める
「セカンドワーキングホリデー」制度が始まりました。 3ヶ月間以上、オーストラリア政府が定める地域での季節労働に従事することが条件になります。
このビザはオーストラリア国内滞在中に申請することができるほか、帰国後に申請することも可能です。

言語

公用語は英語。しかし移民国という事で、公共サービスでは他の言語にも対応している場所が多くありますが、日本語への対応はほとんどありません。

時差

通常、オーストラリアには3つの時間帯があります。

オーストラリアの3つの時間帯
●ニューサウスウェールズ州(シドニー)
●ビクトリア州(メルボルン)
●タスマニア州(ホバート)
●クイーンズランド州(ブリスベン・ケアンズ)
●キャンベラ
日本との時差は+1時間。ただし夏場はクインズランド州を除き+2時間
●南オーストラリア州(アデレード)
●ノーザンテリトリー(ダーウィン)
日本との時差は+30分。夏場は南オーストラリア州のみ+1時間30分
●西オーストラリア州(パース)
日本との時差は通年で-1時間

気候

オーストラリアは国土が広いため、都市によって気候には大きな違いがあります。

オーストラリアの気候

ダーウィンやケアンズなど赤道に近い北部では雨季と乾季に分かれた熱帯雨林性気候熱帯性気候でほぼ常夏、ブリスベンやゴールドコーストはなど中部は亜熱帯性気候、シドニーやメルボルン、アデレード、パースなどは温帯性気候に属します。 エアーズロック(ウルル)で有名な大陸中央部は乾燥した砂漠性気候で、1年を通じて日中と夜間の気温差が大きいので注意しましょう。
南オーストラリア・メルボルンの夏(1月・2月頃)は内陸からの熱風が吹き付ける事があり40℃を越える温度にもなり、冬は南極からの風が吹き零度近くまで気温が下がる事もあります。 Four Season in a Dayという言葉があり、1日に目まぐるしく天気や温度が変化します。 シドニーもメルボルンほどでは無いですが冬はコートやマフラーをする様な気候で四季があります。 クイーンズランド州のケアンズやゴールドコースト、ブリスベンは年間を通して温暖です。

ケアンズにいたっては7月・8月の一番寒い時期でも日中は半袖で過ごせる温度。朝・晩に涼しくなるので羽織るものやフリースがあると便利です。 夏は湿気はありますが南国特有の心地よさがあります。

オーストラリア東海岸のゴールドコーストは冬の最低気温が12℃程度、日中は18℃くらいまで温度が上がりますのでトレーナーを着る程度で問題ありません。
夏の時期も湿気も少なくからっとした天気が多く、観光客で賑わうシーズンとなります。

洋服など荷物などの問題や気候面から考え、ワーホリ開始の都市はクイーンズランド州のケアンズやブリスベン、ゴールドコーストが良いと言えるでしょう。

通貨

通貨はオーストラリアドル、補助通貨はセント
為替換算では1ドル=80円が目安です(2011年3月現在)
つまり120ドル=1万円程度と理解すればよいでしょう。 なお、通貨として5セントより小さなものはありません。 従って現金払いで買い物をする場合で端数が出た場合は5セント単位で1~2セントの超過は切捨て、3~4セントの超過は切り上げ処理されます。

クレジットカード

クレジットカードはビザカード、マスターカードを中心にスーパーマーケットを含むほとんどの場所で利用する事ができます。 ただし、オーストラリアでは法律によりクレジットカード利用にかかる手数料を販売店が利用者に請求することが認められており、一部の販売店では手数料(サーチャージ)が請求に加算される場合があります。

銀行

オーストラリアの4大銀行はコモンウェルス銀行、ナショナルオーストラリア銀行、オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行、ウェストパック銀行になり、これらの銀行はオーストラリア各地に支店があります。

●窓口の営業時間
月曜日~木曜日9時~16時金曜日9時~17時です。
●ATM
24時間利用可能です。
●銀行口座
現地でパスポート一つで簡単に開設と解約が可能です 。

タックスファイルナンバー(TFN)の申請

オーストラリアで仕事・アルバイトをするためにはタックスファイルナンバー(TFN)を取得しなければいけません。 タックスファイルナンバーはオーストラリア・タックスオフィス(ATO)より発行されます。
タックスファイルナンバーはインターネットを経由してオンラインで申請できるほか、申請書類に手書きで記入してATOのオフィスから申請やセンターリンクの窓口から申請する事や郵送で申請する事も可能です。 現地に行ってから取得しても全く問題ありません。

郵便局

郵便局は通常、月曜日~金曜日9時~17時で開いており、観光地や主要都市の一部では土日曜日も営業しています。 郵便局では一般郵便の取扱のほか、4大銀行の銀行窓口業務の代行も行っており、銀行代わりとしても利用できます。
このほか、文房具がギフト用商品の販売やプリペイド式携帯電話の販売、通話料のリチャージなども行っています。

ショッピング

オーストラリアの主要都市では土日を通してショッピングを楽しめますが、郊外の町や地方都市では全国チェーンが運営する店舗以外は休むところも多くあります。 なお、週に1日、レイト・ナイトショッピングデーが設定されているケースが多く、地方都市では夜7時頃まで、主要都市では9時頃までショッピングが楽しめます 。

物価感覚

買い物をする際には、ついつい為替レートを適用して日本円に換算して考えてしまいがちですが、いつまでも日本での物価感覚ではなく、オーストラリアの物価感覚を早めに身につけてしまうことも大切です。 為替レートの上では1オーストラリアドルは75円~85円程度で推移しています。 この国の平均収入などから考えますと、感覚的に1ドル100円、100ドルは1万円程度と理解すればよいでしょう。

日本と比較して安いもの、高いもの

日本と比較して野菜や肉といった食品は割安です。 これら生鮮食料品にはGST(10%の消費税)が課税されないルールになっていますので、なおのこと安く感じられるのでしょう。 対してシーフードは全般的に日本より割高な場合が多く、特にクリスマスシーズンに向けて価格が上がる傾向があります。 衣料品はあまり安くありません。
大手量販店でも見切り品コーナー以外では10ドル以下のシャツを見つけることは難しく、この点に日本の方が割安かと思われます。 ただし、チャイナタウンやフリーマーケットなどでは時折、激安商品を見つけることができるほか、オプショップと呼ばれるチャリティー系のリサイクルショップでは1ドルや、それ以下で服が購入できますので、立ち寄ってみましょう。 家賃についてですが、都市にとってかなりの格差があります。 一番高いのはシドニー。他の都市の1.5倍から2倍ほどになります。 治安が悪い家やコンディションの悪い家の場合はこれより安くなりますが、生活条件にはより注意が必要になります。

主な主要都市の平均シェアーハウスの家賃ですが、一人部屋を対象とした料金で

  • ケアンズ: 週$100-$120
  • ブリスベン:週$130-$150
  • ゴールドコースト:週$120-$140
  • シドニー: 週$150-$200
  • メルボルン:週$150-$200
  • アデレード:週$120-$140
  • パース:  週$120-$140

あくまでも立地条件などによっても料金は異なります。上記は目安として御覧下さい。

家電製品や日用品にはかなりの価格差があります。 日用品であってもメーカーブランド品は日本と同等程度の価格設定になっているものが多いですが、スーパーマーケットのプライベートブランドではその60~80%程度の価格に抑えられているものが多くあります。 またディスカウントショップにもドライヤーなどの日用家電製品やシャンプーなどの日用品が割安な価格で販売されていますので、利用してみましょう。

語学学校

ワーホリビザでは最長17週間まで語学学校に通い勉強する事ができます。
最初の数ヶ月の英語の勉強は非常に重要かつ必要性があります。 英語が出来なくても1年のワーホリ滞在は終了しますが、英語が出来たからこそ出来た仕事や人とのつながりはやはり大きいものとなり、貴重な財産になる事は間違いありません。
生活に困らない程度の英語力であれば学校へ行かなくても身振り手振りを備え習得する事は可能ですが、使える英語とは別のものとなるでしょう。 ある程度の基礎やコミュニケーション能力を身に付けるのには12週間ほどの受講期間が必要とも言われております。

学校の外では、言葉の壁にぶつかり、同じ国籍同士で固まる人もいます。かと思えば、英語でしかコミュニケーションが取れない友人と積極的につるむ人。 個人個人のモチベーションによりスクールライフは良くも悪くなる事を覚えておきましょう。 学校は決して友人作りや情報取得の場だけではありません。

住居の探し方

  

不動産の用語

オーストラリアでは家の大きさを1ベットルーム、2ベットルームなどと、寝室として利用できる部屋の数で表現します。
家のタイプですが、純粋な一軒家の場合はハウス、一つの敷地に2軒の家が壁と隔ててたっている場合はデュープレックスヴィラなどと表現されます。 そして日本のアパートに相当するものはタウンハウス、高級マンションの場合はコンドミニアムと呼ばれます。 ワーキングホリデーの場合、一軒家やタウンハウスを複数の人で借りてキッチンやトイレ、リビングを共用するシェアハウスという方法で滞在するケースが主流です。 なお、家賃は日本のように1ヶ月単位ではなく1週間単位で決まります。

シェアハウス

シェアハウス(シェア)のメリットは複数の居住者で家賃を分割するの経済的な負担が安く済むことです。
シェアはワーキングホリデー渡航者だけでなく、オーストラリアの若者の間でも広く行われており、また他国からオーストラリアを訪れている人の間でも行われています。 そのため、日本人以外の人とシェアをすることも珍しくなく、結果として語学力の向上につながるケースもあります。
デメリットは文化的な背景や価値観の異なる他人との共同生活という事で、時折摩擦が生じることです。 騒音や生活時間帯のズレなどが原因になる場合もあります。 シェアを探すには口コミのほか、地元で発行される週刊のコミュニティー紙、ローカル新聞、日本語情報誌などに募集が掲載されています。

また気の合う仲間が集まって自分たちでシェアをする方法もあります。 この場合は代表となる人の名義で家を賃貸することになります。この際には家賃に加え、賃貸の契約可能期間や保証金の金額、水道代が家賃に含まれるのなどの取り決めを家主側としっかりしておきましょう。 またシェアをする仲間同士でもトラブルを予防するためにも、保証金や家賃の負担割合などについて、事前にきちんと取り決めをしておきましょう。 なお、借家を探す場合には不動産会社に仲介してもらうほか、地元のローカル新聞に出された賃借人募集の記事より直接家主に連絡を取る事もできます。

ホームステイ

ワーキングホリデーの場合、最初の数週間はホームステイをされる方が多くいらっしゃいます。
英語の勉強を含め、現地での生活や習慣、文化を見るには絶好の環境と言えるでしょう。 語学学校に通う場合は学校を通してホームステイの手配を行ってくれます。 基本的には学校とホームステイ先が提携を結んでおり学校もファミリーの生活環境や住宅地域、家族構成などを検討し提携をしているので安心してお任せできます。 ただしホームステイの場合、旅行雑誌にあるような良いイメージのままですと環境や考えの違いから衝突する事や、嫌な思いをする事もあるでしょう。 あくまでも家族の一員として迎えられますので受身ではなく、こちらからも積極的に家族の一員になるという意識や行動も必要になります。

バックパッカーズとユースホステル

一つの街にゆっくり滞在するのではなく、オーストラリア各地を旅して歩く場合に住居になるのはバックパッカーズユースホステルなどの安価な宿泊施設でしょう。 これらをワーキングホリデーの初日の宿にする方も珍しくありません。 また、居心地の良いバックパッカーズでは、"最初は短期間の滞在の予定がそのまま数ヶ月に延びてしまった"なんていう話も珍しくありません。 そういう意味でこれらを宿泊施設ではなく、住居として使っている方もいます。
バックパッカーズやユースホステルは街のインフォメーションセンターなどで紹介してもらえるほか、『地球の歩き方』などの定番ガイドブックなどにも紹介されています。 ラウンド中の滞在先は、このバックパッカーへの宿泊が主となるでしょう。

仕事の探し方

アルバイト求人事情

ワーキングホリデーで渡航した場合、アルバイトは収入源としても、そして社会経験の場としてもとても貴重な場になる事でしょう。
2006年7月より同一雇用主の下で6ヶ月間働けるようになりました。 日本人向けに求人の多いのは日本人観光客をターゲットにしたお土産店や日本食レストランが定番で、ほかツアーガイドなども人気の職種です。

農場(ファーム)の仕事を3ヶ月以上すると2年目のワーホリも申請できる事から、ここ最近はファームの仕事も人気があります 。

アルバイトの探しと履歴書・服装

アルバイトの探し方ですが、日本語情報誌などに掲載されているほか、日本人向けの留学生情報センターや日本食料品店などに設置された掲示板などで見つけることができます。
また、店の窓に「求人」「アルバイト募集」と書かれた紙が貼られていることも多く、こうしたお店に直接訪問・連絡をするのもおすすめです。

面接ですが、スーツを着込んで行く必要はありません。 常識的と思われる服装で十分ですが、その服装による印象も採用・不採用の決定に影響を与えるであろう事を考慮すべきでしょう。

履歴書については、日本人経営のお店などでは日本語のものだけでかまわない場合もありますし、英語のものだけでもかまわない場合や、両方必要、両方不要など様々です。 日系以外の場合、オーストラリアの一般的な形に従って履歴書と職務経歴書の両方を合わせたものが必要な場合が多いようです。

アルバイト探しの注意点

アルバイト探しで気をつけたいのが『ビザスポンサー可』などとと求人広告に記載した上で、数ヶ月間(ワーキングホリデーならビザの発給条件として同一雇用主の元で就業が許可される期間(2006年7月の法改正により現在は6ヶ月間)の雇用でアルバイトを使い捨てにする企業がある現実です。

あるリゾート都市の某旅行会社の例では、最初の数週間は研修名目で無給で働かせていました。 日本からの場合、早朝に到着する飛行機が多いため、出勤は朝の3時、仕事が終わるのは深夜11時などというケースもありました。
最低賃金を守らない雇用や、こうした雇用者の強い立場を悪用した契約は違法です。 このような契約条件を提示する企業は仮にあなたが苦労を乗り越えて、本当にビザスポンサーを含む就職が決まったとしても、それ以上の向上は望めませんので、幻のような条件に惑わされないことが大切なのではないでしょうか。

セカンドワーキングホリデービザのためのアルバイト

セカンドワーキングホリデーの申請にはオーストラリア政府が指定する地域で季節労働に従事する必要があります。 こうした働き口は実際にその地域に行ってから探す(その地域にあるバックパッカーズに募集が出されている場合がある)方法もありますし、現地の情報センターに紹介してもらう方法もあります。
このような季節労働の場合、様々な国籍の人が複数の人数でアルバイトをするケースが多く、"雇用主はその中の代表者に対してまとめてアルバイト代を支払う"といった契約をしている所もあります。 そのため時折、"その代表者がアルバイト代を持ち逃げした"というトラブルも発生していますので注意しましょう。

ラウンド

多くのワーホリメーカーはラウンド(旅)をします。
できれば全てのオーストラリアを見て頂く為、1周はしたいですね。 予算や回り方にもよりますが最低3ヶ月はみておくと良いでしょう。 飛行機や長距離バスを上手く利用して、個性豊かなラウンドを行いましょう。 ラウンド中に出会う事ができる多種多彩な国籍の人々は、あなたにとって大きな影響を与えてくれるかもしれません!
ラウンドの醍醐味の一つです。
特にニュージーランドやドイツ・スイス・イギリス人が多くバックパッカーをしています。 ここであなたが英語を話す事ができ、多くコミュニケーションがとれれば、とっても面白いラウンドになる事間違いなしです!

オーストラリアのインターネット事情

インターネットの接続についてはオーストラリアは国策としてブロードバンドインターネット通信網の整備に重点的に取り組んでおり、インフラとして充実している国と言えるでしょう。 利用できる接続の方法にはダイアルアップのほか、ADSL、ケーブル、ISDN、衛星、ワイヤレスブロードバンドなどの各方式があります。 ダイヤルアップは一番安価な方法ですが通信速度も遅く、ブロードバンド接続を利用している人が出先で利用するような、補完的な存在になりつつあります。 プリペイド式の契約をする事ができ、出張中の一時利用者や海外からの短期滞在者には便利です。 ワーホリメーカーで移動をしながら自分のノートパソコンを利用する場合にはこのプリペイド式の契約は便利でしょう。 アクセスポイントは全国統一の番号になっており、

例えば、25時間の接続が可能なプランは45日間有効で、$19.95などとなっています。

ブロードバンドについてですがケーブルADSL が中心です。
ケーブル は受信で最大毎秒17メガという早い通信速度が魅力です。 ただ、都市部に張り巡らされたケーブル網を利用していますので、郊外や地方に住む人は利用できないのが欠点です。 それに対して広く利用できるのがADSLです。 2007年以降からADSL22+といった規格が導入され、より高速通信速度になりつつ、また利用できる範囲も広がってきました。

最近、注目を集めているのがワイヤレスブロードバンドです。 無線LANとは別のシステムで、無線通信を利用してブロードバンド接続するものです。 現在は都市部でのサービスに限定されていますが、今後広がる可能性があり、注目されます。

特に、主要都市にオフィスを構える日系のレンタル携帯会社「ニッテル・コミュニケーションズ」などでは、ノートPCのUSBにUSB形式のモデム差し込むだけでインターネットサーフィンやemailもできる無線LANシステムの契約も可能です。 日本でも近年出まわっている「ポケットwifi」です。月々の利用額は$25~$80、契約プランにより料金は異なります。

このほか、3GネットワークGPRSと呼ばれるサービスを利用して携帯電話を利用してインターネットに接続することも可能ですが、割高な通信費がネックになります。

インターネットカフェ&インターネット端末

オーストラリアではインターネットの利用が進んでおり、インターネットカフェのほか、空港やショッピングセンターなどでは、公衆電話のような感覚で利用できるインターネット端末が設置されている場所もあります。 これらの端末は2ドルで30分など、時間制で利用することができます。 このほか、公共の図書館でもインターネットの利用ができるほか、観光地では旅行代理店が集客のためにインターネット端末の利用を無料開放しているケースもあります。 語学学校でも生徒を対象にしてインターネット利用のために無料でパソコンの利用を開放しています。

携帯電話事情

最近では日本の携帯電話をそのまま海外に持ち出して国際ローミングで使用できるようになりました。 しかし、ローミングによる通話料は非常に割高ですから、一時的な利用は別として、長期滞在のワーキングホリデーメーカーは渡航後にオーストラリアのプリペイド式携帯電話を購入しています。

オーストラリアにおける携帯電話の3大キャリアはテルストラ、オプタス、ボーダフォンの3社です。
テルストラは半官半民の会社で日本のNTTのような存在だと理解いただければ、ほぼ間違いないでしょう。 インフラの整備上、一番国内で使えるのがテルストラの携帯網と言えます。 カバーしている領域が広いため、主要都市を離れて移動するする際には安心感があります。
次に大きいキャリアはボーダフォンです。 このイギリス系の会社は、かつての植民地オーストラリアでは日本での失敗とは対照的に強固な地盤を築く事に成功しました。
オプタスは日本人留学生やワーキングホリデーでの滞在者に人気のあるシンガポール系のキャリアです。 携帯電話のほか、長距離電話、ケーブル通信などを行っており、これらを併用すると割引のあるプランがあります。

これらの3社以外にも「3G」「ヴァージン」などいくつかのキャリアがあります。 これらのキャリアは都市部で独自に通信網を持つ以外に地方部では主要キャリアの通信網を借りて運営されています。

プリペイド式携帯電話を購入する

オーストラリアではキャリア系の携帯電話販売店のほか、複数のキャリアの電話を販売する携帯電話専門店があります。
このような専門店では最新式の高級な機種なども購入することができます。 ただ日本と異なり、携帯電話機はかなり高めな上、電話機を割安に提供する契約の場合は2年以上の契約期間が必要な場合も多く、ワーキングホリデーメーカーにはあまり現実的な選択ではありません。

そこで多くのワーキングホリデーメーカーはプリペイド式の携帯電話機を購入しています。 プリペイド式の電話機は携帯電話専門店のほか、KマートやビッグW、ターゲットといった大手量販店スーパーマーケット郵便局などでも購入することができます。
また通話料のリチャージ手続きもこれらの店から可能です。 価格は平均して100ドル位から。50ドルという特価品もあります。 この価格ですから多機能な電話機は期待できませんが1年間という期間限定で通話とテキストメッセージの送受信のためと割り切って使ってみましょう。 また、プリペイド携帯電話が一般的に採用しているGSM(The Global System for Mobile Communications)方式の電話機は日本ではそのまま使えませんので、帰国売りをする人から安く譲ってもらう方法もあります。

このページの上部へ